赤ちゃんの自然治癒力でアトピーを克服!!息子のアトピーのケア方法・赤ちゃんをきれいな肌にするための役立つ情報を紹介しています。

Baby Natural Skin




石けん・洗剤

赤ちゃんがアトピーなら柔軟剤は使わない方が良い?我が家で使わない理由と洗濯の対策は?

更新日:

 

 

赤ちゃんに湿疹ができたり、アトピー性皮膚炎だと診断された場合には使用している洗剤や石けんなどを一通り見直した方が良いでしょう。

何かが原因で肌荒れを悪化させてしまっている可能性があるからです。

 

毎日使用する衣類やタオルなどを洗濯する洗剤や柔軟剤にも気を付けた方が良いと言われています。

我が家の長男は1歳頃にアトピー性皮膚炎と診断され、それからは洗濯洗剤を変えて、柔軟剤も使わなくなりました。

 

柔軟剤をやめた理由や、アトピーの赤ちゃんの洗濯の対策方法についてまとめましたので参考に読んでみてください。

 




アトピーの赤ちゃんに柔軟剤は使わない方が良いの?

 

柔軟剤の目的は?

 

そもそも洗濯で使う柔軟剤の目的はご存知ですか?

洗濯は汚れを落とすことが目的なので、使っていない方もいますが、柔軟剤にはメリットがたくさんあります。

  • 衣類やタオルをふんわり柔らかくする
  • 良い香りの衣類にする
  • 防臭効果がある

 

ゴワゴワした衣類やタオルは肌を傷つけてしまうので、肌が弱い赤ちゃんや敏感肌の人にもおすすめだといわれていますね。

 

 

柔軟剤が良くないと言われる理由

 

柔軟剤の目的を考えると、肌の弱い赤ちゃんや敏感肌のアトピーの赤ちゃんには必要なのでは?と思う方もいると思います。

 

かたくてゴワゴワしたタオルとふわふわのタオルを比べると、断然ふわふわのタオルの方が赤ちゃんやアトピーの肌には良いです。

 

それでも柔軟剤が良くないと言われるのは柔軟剤に含まれている化学成分に原因があると言われています。

 

合成洗濯柔軟剤には、

  • 界面活性剤
  • 防腐剤
  • 香料

など化学成分が使われているものがたくさんあります。

 

「赤ちゃん用」「無添加」と表記されている洗剤や柔軟剤が多くありますが、赤ちゃん用も大人用の洗剤も成分的にはあまり変わりないのです。

 

また、「無添加」書かれているものも何が無添加なのか、成分をしっかり確認する必要があります。

無添加なのは、着色料だけだったりして「界面活性剤」や「香料」はしっかり配合されていたりします。

 

ドラッグストアなどで手軽に購入できる柔軟剤のほとんどにそのような科学性成分が使用されています。

 

洗濯の仕上げに使う柔軟剤は衣類などに残留するので、その衣類を着用したり、タオルで体を拭くときなどに残留成分が肌に触れることになります。

特に界面活性剤は肌を乾燥させる原因になったり、皮膚から経皮して体内に蓄積されてしまうと言われています。

 

そういったことから、肌が弱い赤ちゃんやアトピーなどの皮膚トラブルの原因になるとされているのです。

 

 

化学成分が入っている柔軟剤はアトピーの赤ちゃんには使用しない方が良い

 

健康な皮膚な人であれば、柔軟剤を使用しても何も問題がないと思います。

赤ちゃんであっても問題なく使える子もいると思います。

 

しかし、肌バリア機能が壊れてしまっているアトピーの人や赤ちゃんが使うと肌トラブルが悪化する原因になることがあります。

 

 

実際に息子の場合は、洗濯洗剤を変えて柔軟剤をやめてからは皮膚の乾燥やかゆみも治まっています。

他にも、石鹸や保湿剤も一緒のタイミングで変えたのでどれが1番効果があったのかは明確ではありませんが、私自身背中ニキビなどもできづらくなっています。

 

 

痒みや炎症を悪化させる可能性もあるものはできるだけ生活の中から取り除いてあげることが、アトピーの症状を軽くするためには必要なことだと思います。

 

柔軟剤が原因でアトピーが悪化している可能性があると感じるようであれば、一度赤ちゃんの使用する衣類、タオル、シーツだけでも柔軟剤を使用するのをやめてみると良いと思います。

 

 

柔軟剤だけでなく、洗濯洗剤の成分にも注意!

 

洗濯の仕上げの柔軟剤だけでなく、洗濯洗剤の成分にも注意が必要です。

特に、除菌効果や漂白成分の入っている洗剤が衣類に残っていると肌が敏感な赤ちゃんにとって肌トラブルの原因になります。

 

できれば、オーガニックの自然由来の成分を使用している洗剤か、純石けん成分だけで作られている洗濯石けんを使用している洗剤を使ってください。

 

 

化学成分はアトピーの赤ちゃんにとって良くない

ということを考えて肌に触れるものを選ぶと良いと思いますよ。

 



 

柔軟剤を使わずに安全にやわらかく洗濯する方法は?

 

柔軟剤を使用しないと洗濯した衣類やタオルなどがゴワゴワかたくなるのでは?

と心配になる方もいると思います。

 

しかし、柔軟剤を使わずに洗濯物をふんわりさせる方法はいくつかあります。

 

 

無添加の洗濯石けんを使用する

 

これが1番おすすめの方法です。

洗濯する洗剤を、無添加の洗濯石けんに変えるだけです。

 

洗濯用の洗剤には、

  • 洗濯用石けん
  • 洗濯用合成洗剤

の2種類あります。

 

洗濯用石けんには、化学成分は使用されず「純石けん成分」のみで作られているのです。

 

心配な石鹸の溶け残りもなく、柔軟剤を使用しなくてもふんわりと洗いあがるので柔軟剤は必要ありません。

 

ただ、今までの柔軟剤の良い香りに慣れている方は、香りが物足りない感じがするかもしれません。

柔軟剤の香りは人工的に作られたものなので、香りを嗅ぎ続けることで体調不良を起こす方もいるようなので、自然な石鹸の香りだけで十分に思います。

 

関連記事

アトピーの赤ちゃんにも安心して使える洗濯洗剤は?選び方やおすすめは?

 

 

酢やクエン酸を使用する

 

衣類やタオルなどがゴワゴワとかたくなってしまうのは、洗濯物に残っているアルカリ成分のせいだともいわれています。

最後のすすぎの時に酸性のもので中和することで繊維がかたくなることを防ぎ、ふわふわにしてくれます。

 

最後のすすぎ洗いのタイミングで酢またはクエン酸を少量洗濯機の中にいれて一緒にあらうだけです。

 

量の目安

クエン酢 40Lに小さじ1杯

酢水   40L大さじ1杯

多く入れすぎると洗濯層が錆びる原因になるので、量を守って入れましょう。

 

 

こちらの衣類用リンスも同じような働きで衣類をふんわりさせてくれます。

 

 

クエン酸やグレープフルーツ種子エキスなどで作られているのでアトピーの赤ちゃんにも安心して使えますよ。

 

 

洗濯乾燥機を使用する

 

脱水後に乾燥機を使うと、つぶれてしまった繊維を熱風で起こしてくれるためタオルなどふわふわに仕上がります。

乾燥機が使えない衣類には×ですが、タオルなどにはおすすめの方法です。

 

乾いてしまう前の30分だけ乾燥機を使っても効果があるようです。

 

完全に乾いた洗濯物を乾燥機にかけると生地を傷めてしまう可能性があるので、濡れている状態のものに使用してみてください。



アトピーの赤ちゃんでの使用できる柔軟剤はないの?

 

化学成分の入っている柔軟剤は良くないとわかっていても、衣類には香りが欲しい!

と思う方もいるでしょう。

 

成分にこだわって作られた自然由来の成分で作られたオーガニックの柔軟剤であれば使用しても、刺激が少なくアトピーの赤ちゃんにも使えると思いますよ。

 

ただし、一度使ってみて痒みなどが悪化しなければ使用を続けて良いと思います。
万が一悪化してしまう場合は、使用を中止してくださいね。

 

 

オーガニック成分の柔軟剤を調べてまとめましたので、参考にしてみてください。

 

 

ソネット sonett ナチュラルランドリーリンス

 

クエン酸でアルカリと中和してふんわりさせるタイプのオーガニック柔軟剤です。

口コミ

強い匂いが苦手なので、これは、ほんのりした匂いなので仕上がりが気に入っています

匂いが残らなくて好きです。
市販品で匂いか残らないものって見つけられなくて、クエン酸や酢も使ってみましたけど、使いやすいこれにたどり着きました。
柔軟効果も必要充分です。

引用:amazon

 

 

 

 

アルモニベルツ 衣料用柔軟剤 【ミント&シダー】

 

haemony verteは天然成分を使ったフランス発のエコロジカル・オーガニック洗剤ブランドです。

オーガニック柔軟剤ではミント&シダーの爽やかなタイプと、バーベナの柔らかな香りの2種類があります。
柔軟剤は匂いを重視する方にも人気のブランドです。

 

口コミ

オーガニック系の柔軟剤はあまりフワフワ感が出ないため色々試した中でこれがベストです。

香りも柔らかくて気にならず、お気に入りです。

引用:https://review.rakuten.co.jp/item/1/256326_10001407/1.1/

 

 

まとめ

 

柔軟剤が良くないのではなく、使用されている化学成分などがアトピーの赤ちゃんの肌に悪影響を与えている可能性が高いので、できれば使用しない方は良いと思います。

 

オーガニックの柔軟剤もありますが、普通のものと比べると少しお値段も高くなっていますので、他の衣類をふんわりさせる方法を先に試してみると良いと思います。

 

アトピーの大きな原因は体の免疫機能にありますので、外的な悪化要因を排除することも大切ですが、体の中から元気にして肌バリア機能を高めていけるようにできることから始めてみてくださいね。

 

関連記事

免疫力を高めると赤ちゃんのアトピーが改善する!免疫力を高めるための方法は?

赤ちゃんのアトピー予防や改善に保湿が重要!おすすめ保湿剤や保湿方法は?

 

 






-石けん・洗剤
-

Copyright© Baby Natural Skin , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.