赤ちゃんの自然治癒力でアトピーを克服!!息子のアトピーのケア方法・赤ちゃんをきれいな肌にするための役立つ情報を紹介しています。

Baby Natural Skin




アトピーの症状

これってアトピー?赤ちゃんのアトピー初期の症状や特徴は?息子の場合の初期症状

更新日:

 

 

アトピーとは、「アトピー性皮膚炎」のことを略していうことです。

近年では、乳児でもアトピーになることも増えてきており、赤ちゃんに湿疹や痒みが出ると「これってアトピーなの?」と心配になる方もいると思います。

 

自分自身もアトピーの方は、アトピーの肌の特徴や症状について知っていると思いますが、そうでない場合は分からないことも多いようです。

私も息子は1歳になるまでは、ただの乳児湿疹だと思いケアしていましたので、1歳の時に「アトピー性皮膚炎」だと診断された時は正直ショックでした。

 

早くにアトピーだと気づいてあげられると、その分早くからケアをしてあげられるので、アトピーの初期の症状の特徴についてまとめました。

息子の肌経歴を参考にしてまとめましたので、一つの事例として参考にして頂ければと思います。




そもそもアトピー性皮膚炎とは?赤ちゃんの原因や主な症状

アトピー性皮膚炎とは?どんな症状?

アトピー性皮膚炎とは、

「痒みのある湿疹ができ、良くなったり悪くなったりを繰り返している」皮膚の状態をいいます。

 

良くなったり、治ったりを繰り返すので、長期間その症状が続いており、アトピーの特徴を満たしていれば「アトピー性皮膚炎」だと診断されます。

(乳児の場合は2か月以上、幼児以上の場合は6ヶ月以上続くとアトピーだと診断されます)

 

 

アトピーの症状には以下のような特徴があります。

  • 左右対称に症状が出やすい
  • 痒みがある
  • 家族にアレルギー体質の人がいればなりやすい
  • 年齢によってアトピー症状の出やすい場所が異なる

*乳児:顔、頭、首、悪化すれば体感や手足にも出る
*幼児:首、腕、足などが多い
*思春期・成人:上半身(首、頭、胸、肩)などが多い

参考:アトピー性皮膚炎診療ガイドライン

 

アトピーになると、肌がカサカサと乾燥しやすくなります。

 

 

赤ちゃんがアトピーになる原因は?

アトピーになる原因はハッキリとはわかっていないのが現状です。

しかし、いくつかアトピーになりやすい要因は分かっているのでそちらをまとめました。

 

赤ちゃんがアトピーになってしまう原因にはいかのものが考えられます。

  • アレルギーになりやすい体質(遺伝的な要因もある)
  • 皮膚のバリア機能が弱い(体の免疫バランスが崩れている)
  • 免疫機能が未発達(臓器の発達が未発達で影響を受けやすい)

 

 

これに加え、生活の中で症状を悪化させるような要因が加わることで痒みや湿疹、炎症が起こるとされています。

悪化要因

・花粉   ・ハウスダスト
・ダニ   ・ウイルス
・菌    ・大気汚染
・科学成分 ・食べ物
・動物の毛やフン
・食品添加物  など

 

 

赤ちゃんのアトピーは治るの?

一昔前だと、「一度アトピーになると大人になってもアトピーのまま」と思っていた方もいるようです。

きちんとケアをしてあげれば、赤ちゃんの成長と共に治る場合が多いようです。

 

多くは小学校に上がるまでにアトピーが治るようですが、中には、喘息やアレルギー性鼻炎などに症状が移行してします場合もあるようです。

このように、成長によってアレルギー疾患が順番に現われていくこと「アレルギーマーチ」と言います。

画像引用:環境再生保全機構

 

最近では、アトピーより花粉症や喘息に先になってしまったりと順番が異なる場合もあるようです。

喘息やアレルギー性鼻炎になると自然と治る場合もありますが、大人になっても治らない場合もあります。

 

ですから正しいケアを行いアトピー性皮膚炎の内に治してあげられるようにしていきましょう。



赤ちゃんアトピーの初期の症状や特徴は?【息子の肌の場合】

赤ちゃんのアトピーと乳児湿疹との違いは?

自分の子供に湿疹ができると「アトピー」なのか「乳児湿疹」なのか判断しにくいと思います。

これはお医者さんも同じで、1歳未満の赤ちゃんの場合はよく湿疹が起こるのでアトピー性皮膚炎だと判断するのが難しいと言われています。

 

まずは、病院で診てもらう前にご自身でもその違いを知っておきたいという方にアトピーと乳児湿疹の違いが分かるようにまとめました。

 

アトピー 乳児湿疹
症状が出やすい時期 生後4ヶ月以降 新生児期~生後3か月頃
症状が出やすい場所 顔、頭、耳の下、首しだいに手足や体に下がる 頬、おでこ、頭など首より上に出やすい
かゆみ 痒みが強い それほど痒みはない
治る期間 慢性的(2か月以上続く) 治りが早く繰り返さない

 

赤ちゃんのアトピーの初期の症状や特徴【息子の場合】

息子は生後1歳の頃にアトピーだと診断されました。

それまでも数回、湿疹ができた時に小児科や皮膚科で診てもらいましたがアトピー性皮膚炎だとは判断できず、「乳児湿疹」ということで診断されました。

医者でも赤ちゃんの月齢が大きくならないと判断できない場合もあるということです。

 

息子が生まれてからの肌の状態を振り返ると、赤ちゃんのアトピーは急に始まるものではないと思います。

やはりそれなりに「あれはもしかしたら初期症状だったのかも」というような湿疹なども思い当たります。

 

今までの息子の肌の状態や湿疹が出た場所などを簡単にまとめます。

0ヶ月 湿疹も出ずにとてもきれいな肌

3か月 頬を中心に顔中に乳児湿疹がでる

4ヶ月 たまに頬に湿疹ができたり、目の周りなどが赤くなる

6ヶ月
たまに頬に湿疹ができる
腕の内側抱っこした時にこすりつけてくる
足首がかゆく自分の足の爪で足首をかくことも

(どの症状もそれほどひどくはない)

*7~11ヶ月は同じような症状が出たり、出なかったり

12ヶ月
顔には湿疹はない
背中や肩あたりのかゆみが強く裸にすると掻きむしるように
足首、太ももの内側、ひじの内側にも強いかゆみ
耳の下が切れることもある

 

息子の場合は、生後半年頃から体にも症状が出るようになりました。

【生後半年のハーフバースデーの時の息子】

 

肌を触った感じも、友人の赤ちゃんと比べるとしっとり感も全然違うかったのを覚えています。

例えていうなら『像さんの皮膚』

皮膚が張っていて分厚く感じました。

 

足首はカサカサしていたので、体にもアトピーのような症状が出ているならアトピーを疑った方が良いと思います。



赤ちゃんがアトピーかもしれない時は?ケア方法や生活の注意点

 

お医者さん判断できなくても、家の過ごし方やケアの方法を変えていくと症状が改善していきます。

 

医者任せに言われた通りにケアしても治らない方もいるようなので、自分自身アトピーについて勉強することでケアの方法や赤ちゃんの生活環境を整えていくことができると思います。

 

私自身もう少し知識があったらアトピーの初期症状が出た時にケアをできたのにと後悔も残っていますので、できるだけ早くからケアをしてあげる方が赤ちゃんにとっても良いと思いますよ。

アトピーはお家の方が治してあげられる病気だと思います。

 

アトピーの標準治療には「ステロイド」を用いるのですが、薬は体の中の症状を科学の力で外から治すものです。

ステロイドについては賛否両論なので、詳しくはこちらをご覧ください。

 

参考 アトピーの赤ちゃんをステロイドを使わずに治してあげるには?

 

 

ステロイドを使わなくても、赤ちゃんの体には自然治癒力免疫力がありますので、成長と共に治るのでそれらを高めてあげられるような生活をおくっていくのが1番の治る近道だと思います。

 

以下の内容はアトピーの赤ちゃんの免疫力を高めたり、アトピーの症状を抑えるためにおこなえることなのでぜひ生活に取り入れてみてください。

 

できるだけ母乳を飲ませてあげる

まだ母乳やミルクを飲んでいる赤ちゃんの場合は、母乳をたっぷり飲ませてあげてください。

ミルクよりも母乳の方が腸内環境にも良く、赤ちゃんの免疫力を高めるために良いのです。

 

母乳には腸内のビフィズス菌のエサになるオリゴ糖がたっぷり含まれています。

腸内環境が整えば、免疫バランスも整いアトピーの症状もでにくくなるとされています。

 

ミルクの赤ちゃんの場合は、今飲んでいるミルクを見直してみても良いのかもしれません。

国内で販売されている粉ミルクは添加物や遺伝子組み換えのものを原料に使っています。

栄養価高いので、何もアレルギーなどの心配がない赤ちゃんに問題がないかもしれませんが、アトピーの赤ちゃんの場合は粉ミルクの原料にまで気にしてあげる方がよいかもしれません。

 

海外のものであればオーガニックの原料で作られた粉ミルクがあるようです。

もし今飲ませているミルクを変えたいなら検討してみても良いかもしれません。

 

生活の中で科学成分は避ける

日常生活を送る中で、様々なものに科学成分が含まれています。

  • 石けん
  • 洗濯洗剤
  • シャンプー
  • 食器洗い洗剤
  • 保湿クリーム

など「赤ちゃん用」として販売されているものにも含まれているものが多くあります。

 

科学的に作られた成分は安く、家計には優しですし洗浄力も高くて良いのですがそれがアトピーの赤ちゃんにとっては刺激が強く肌に悪影響を与えてしまうことがあります。

また、アトピーの赤ちゃんの皮膚はカサカサ乾燥しているので、外部のものが皮膚の隙間から入りやすくなっています。

 

皮膚の隙間から化学物質が体内に入ってしまうこともあり、体内に入ると体の免疫機能はそれらを外敵と判断して攻撃します。

アトピーの赤ちゃんは免疫バランスが乱れているので、過剰に攻撃してしまうので、炎症や痒みが起こりやすくなっているとも言われています。

 

できるだけ科学物質を使用していないものを使用することで、刺激も少なく体への悪影響も少なくなります。

 

どのようなものを選べば良いかは、こちらの記事を参考にしてください。

参考

アトピーの赤ちゃんにも安心して使える洗濯洗剤は?選び方やおすすめは?

赤ちゃんの赤ちゃんには固形石鹸がおすすめ!肌に優しいお風呂の入り方・体の洗い方は?

 

 

離乳食ならできるだけオーガニックのものを

離乳食が始まっている赤ちゃんなら、できるだけ食品添加物や農薬がかかっているような野菜は避けましょう。

食品添加物や農薬などもアトピーを悪化させてしまう要因だと言われています。

 

赤ちゃん用のお菓子や調味料などには食品添加物が入っていることが多いです。

購入する時には、原材料をチェックしてできるだけオーガニックのものをたべさせてあげてください。

 

野菜や果物も、海外のものは輸送の間に腐ってしまわないように農薬や防腐剤などが使われていることが多いので、残留農薬がきになります。

野菜や果物はやはり国産のものが良いです。

 

その中でも有機野菜であればより栄養も高く農薬の心配がありません。

 

それでも農薬やワックスなどが気になる方は、除去できるスプレーなどもあるので活用してみても良いかもしれません。

どちらも口に入れて大丈夫なもので作られているので安心安全です!
一度使うと野菜の汚れに驚きます。





スキンケアを毎日しっかり行う

 

アトピーの赤ちゃんの皮膚は乾燥してカサカサして、皮膚の表面に隙間が開いている状態だと思ってください。

肌の水分が失われやすく、肌からは悪化要因が侵入しやすくなっています。

 

肌を清潔にして保湿ケアをしてあげることで、皮膚のバリア機能を高めてあげることができますよ。

肌バリアができると、アトピーの症状も出にくくなります。

 

肌が乾燥しているとどうしても痒みも増してしまうようです。

こまめに保湿をして乾燥しないように気をつけてあげて下さい。

 

また、赤ちゃんは代謝がいいので汗をよくかきますが、そのまま放っておくのは痒みの原因になりますし、菌も繁殖しやすくなります。

汗をかいたら拭き取ってあげて保湿ケアをすることで清潔な肌が保てますよ。


爪は短く切っておく

湿疹にかゆみがある場合は自分で掻きむしってしまうことがあります。

月例が低い赤ちゃんならミトンなどをつけておけば良いのですが、大きくなると自分でミトンなんて外してしまいます(笑)

 

ですから、掻いてしまってもできるだけ肌が傷つかないように爪は丸く短く切っておいてください。

切った後の爪の切り口は鋭利になっていることがあるので、できればやすりなどを使って滑らかな切り口になるようにしてください。

 

まとめ

 

赤ちゃんがアトピーかどうかの参考になりましたでしょうか?

体にも痒みのある湿疹ができていればアトピーの可能性が高くなるので、早く方ケアを始めてあげてください。

 

お家でのケアだけで治る場合もありますので、ぜひ参考に生活に取り入れてみて下さい。

 

関連記事

1歳でアトピーと診断された時の赤ちゃんの症状・原因・治療法は?

免疫力を高めると赤ちゃんのアトピーが改善する?免疫力を高めるための方法は?






-アトピーの症状
-

Copyright© Baby Natural Skin , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.