赤ちゃんの自然治癒力でアトピーを克服!!息子のアトピーのケア方法・赤ちゃんをきれいな肌にするための役立つ情報を紹介しています。

Baby Natural Skin




アトピーの症状

1歳でアトピーと診断された時の赤ちゃんの症状・原因・治療方法

投稿日:

 

赤ちゃんの顔や体にアトピーらしき湿疹やかゆみが出始めたら、親としてはとても心配になると思います。

「うちの子に限ってアトピーなんて…」って思っていても、最近は両親がアトピーやアレルギーがなくてもアトピーを発症する赤ちゃんが増えているのです。

 

自分の子供がアトピーであることを認め、できるだけ早くケアを始めてあげることでアトピーは治りますよ!

 

アトピーってどんな症状なの?

どんなケアをしていけば良いの?

 

初めてのお子さんなら、なおさら分からないことも多いと思いますので、お子様がアトピーかもしれない、アトピーだと診断された、ケアの方法が分からないという方は一つの参考として役立てていただければと思います。

 



1歳でアトピーと診断された息子の症状は?赤ちゃんの症状はここに出やすい!

アトピー性皮膚炎とは?

 

先ほどから「アトピー」と言っていますが、正式名称は「アトピー性皮膚炎」です。

アトピーは免疫バランスが崩れていたり、皮膚バリア機能が弱くなっている人に起こりやすく免疫過剰になっている状態です。

 

炎症が皮膚に表れているものを「アトピー性皮膚炎」と言いますが、他には「アトピー性気管支炎」「アトピー性鼻炎」などがあり、症状が出る場所によって変わってきます。

 

 

アトピー性皮膚炎は、『良くなったり、悪くなったりを繰り返す、かゆみを伴う湿疹』のことをいいます。

赤ちゃんの場合は、同じような症状が2か月以上続いた時にアトピーだと判断されるようです。
日本皮膚科学会ガイドラインより

 

赤ちゃんのアトピーはいつから?

赤ちゃんの場合は、生まれてすぐは皮脂の分泌が多く湿疹もできやすいのでアトピー性皮膚炎だと判断するのは難しいのです。

湿疹ができても皮膚を清潔にしてあげると自然と治ることがほとんどです。

 

しかし、アトピー性皮膚炎の場合は一時的に症状が良くなってもまたかゆみや湿疹などの炎症が繰り返し起こります。

 

赤ちゃんのアトピーは早ければ生後4か月~6か月頃からアトピー性皮膚炎だと判断されるようです。

 

息子の場合は、生後3か月頃から湿疹ができ、良くなったり、悪くなったりしていき、1歳頃に皮膚科でアトピー性皮膚炎だと診断されました。

その間、2,3回小児科や皮膚科に言っていますが、アトピーだとは判断できないと言われて乳児湿疹といわれていました。

関連記事

赤ちゃんのアトピーはいつからわかる?症状の特徴や乳児湿疹との違いは?

 

赤ちゃんのアトピーの症状はどこに出やすい?

日本皮膚科学会のガイドラインによると、アトピー性皮膚炎の判断基準は以下のようになっています。

  • かゆみがある
  • 左右対称に症状が出る
  • 同じような症状が続く(乳児の場合は2か月以上)

他には、アトピー性皮膚炎になると皮膚が乾燥しやすくなり、夏でもカサカサしていることが多いです。

 

赤ちゃんのアトピーの症状には、出やすい場所に特徴があります。
顔、頭、首、耳の下などに症状が出やすく、重症になる手足などにも出るようになります。

 

幼児になると、アトピーの症状が出る場所も移行していき、顔や頭に症状が出ることは少なくなります。

手首、足首、肘と膝の内側・外側、肩などに症状がでやすくなります。重症になるとお腹や背中など全身に症状がでると言われています。

 

アトピーと診断された息子の場合はここに症状が出た【写真あり】

息子の場合は、1歳までにも湿疹がよくできていました。

 

生後3か月 ⇒ 顔

冬生まれで暖かくなってからのお宮参りでの写真です。

肌荒れMAXで記念撮影です(^^;

 

生後半年  ⇒ 顔、手首、肘の内側

ハーフバースデーの時ですが、頬や口周りなどに湿疹が出ていました。

この頃から足首、肘の内側にかゆみが出てくるようになりました。

自分の足同士をこすりあわせて掻いたり、ひじの内側は抱っこした時に大人の体にこすりつけて掻いたりしていました。

 

 

1歳頃に皮膚科に行き、アトピー性皮膚炎と診断されたころには、全身にかゆみや赤い湿疹がでている状態でした。

肌もカサカサ乾燥ぎみでした。
(ちょうど冬で季節的な乾燥もあったのでしょう)

 

 

皮膚科の先生によると、「典型的なアトピー」の症状が出ていると言われました。

小さい体の全身に赤い発疹ができ、かゆみもひどかったようで本当に可哀そうでした。

お風呂で裸にすると、掻けなかった反動かのように終始掻きまくって血だらけになることもあるほどでした。

 

夜には痒くて眠れないのか途中で起きてしまうこともありました。



なぜ息子はアトピーになったのか?赤ちゃんがアトピーになる原因は?

 

息子がアトピー性皮膚炎と診断されてから、病院に言われるままに治療するのではなく自分自身アトピーについて勉強して知識を得ようと、専門サイトや本を読んだり情報を集めました。

 

遺伝的な原因もあるようですが、アトピー性皮膚炎のハッキリとした原因は分かっていないと言われています。

病院で原因をきいても、先生によって言っていることは異なり何を信用してよいのか分からなくなることも多かったです。

そんなこともあり、病院不信になり自分の子供は自分で治してあげようと情報収集をした結果をまとめました。

 

アトピー赤ちゃんは腸内バランスが悪くなっている

私たちの体は見えないバリアによって守られています。

それが「免疫力」ですね。

 

体の中で、は免疫の要と言われており、免疫細胞の60%が存在していると言われています。

腸内環境が良いと体も健康で美肌になると言われています。

 

アトピー性皮膚炎に限らず、アレルギーなどの原因の一つに腸内環境が悪くなっていることが考えられます。

腸内には、約100種類、100兆個の腸内細菌があると言われています。(厚生労働省e-ヘルスネットより)

 

様々な種類の菌が存在していますが、大きく分けると善玉菌・悪玉菌・日和見菌という3種類の菌に分けられ、腸内でバランスを保っています。

健康な時には、以下のような割合で菌が存在しています。

 

しかし、アトピーやアレルギーなどの人の腸内環境では、「悪玉菌」が多くなってしまっており、善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌が少なくなっていることも分かっています。

 

赤ちゃんがアトピーになるかならないかの分かれ道って?

健康な赤ちゃんとアトピーの赤ちゃんの違いってどこにあるのでしょうか?

元々の遺伝的な体質もあるかもしれませんが、はやりこれまで育ってきた環境にあると思います。

 

赤ちゃんがアトピーになるか、ならないかの分かれ道ってどこだと思いますか?
赤ちゃんの免疫バランスに影響してくるのは以下のものだと思います。

 

  • どうやって生まれてきたか
  • 何を飲んで育ってきたか
  • 離乳食をいつ頃始めたか
  • どんなものを食べてきたか
  • どんなものを皮膚につけてきたか

だと推測します。

 

どうやって生まれてきたか

もともと、赤ちゃんは生まれる前のお腹の中では無菌状態です。

ママの産道を通って生まれる時にたくさんの細菌のプレゼントをもらってこれから、この世界で生きていくための免疫力をもらうのです。

しかし、これが帝王切開だったり、出産前の膣の殺菌などによって産道の細菌をもらうことが出来なくなってしまいます。

 

この出産の時点ですでに差ができてしまっています。

 

妊娠中のママの腸内環境も関係しているとも言われています。

 

を飲んで育ってきたか

やはり母乳を飲んで育っている赤ちゃんの方が免疫力が高くなることが分かっています。

母乳には腸内のビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖がたっぷり含まれています。

そのおかげで腸内環境が整い免疫力が高くなることが分かっています。(参考:京都大学

 

最近では粉ミルクにもオリゴ糖を加えられているものもありますが、やはりビフィズス菌の増殖に差が出来ているそうで、栄養は限りなく近づけられても母乳に勝るものはないようです。

 

 

離乳食をいつから始めたか

離乳食の開始時期の目安は、厚生労働省のだいたい生後5、6ヶ月頃だとされています。厚生労働省

個人差がありますが、大体これくらいになるとお座りもできるようになり消化機能も整ってくると言われており、離乳食を開始する方が多いようです。

しかし、昔に比べると離乳食を開始する時期が遅くなってきている傾向があります。

 

遅くしている理由として、アレルギーが心配だという方が多いです。

 

赤ちゃんの消化器官は発達途中で、しっかりと消化機能が整うのは歯が生え揃う頃だと言われています。

まだ消化機能が発達していないのに、食べ物を食べることでしっかりと消化できず、消化できなかった栄養が血液中に流れ込み、それがアレルギーの原因になるとも言われています。

 

通常食べ物のたんぱく質は、胃や腸でアミノ酸に分解されて吸収されるのですが、消化機能が発達途中の赤ちゃんはたんぱく質を分解しきれずに、それがそのまま体内に入ってしまい体にとっての毒となります。

 

体が「体内に毒(たんぱく質)が入ってきたから退治しないと!」という働きが炎症や痒みにつながります。

人間の体は不要なものは排出するという自然な働きを持っていますので、体内に入ってしまった毒を皮膚に排出した結果がアトピー性皮膚炎となって現われているということになります。

 

どんなものを食べてきたか

離乳食が進んでくるといろんな食材が食べられるようになり、市販のおやつなどを食べることもあるでしょう。

普段の離乳食でも、味付けをするようになっている場合もあると思います。

 

私達の身近な食べ物には「食品添加物」が含まれているものがたくさんあります。

調味料、ベビーフード、赤ちゃんのおやつにも食品添加物が含まれているものもあります。

食品添加物を食べて、すぐに体に影響がでるわけではありませんが腸内環境にとっては良くないのです。

 

食品添加物は腸内の悪玉菌のエサになり、腸内環境を悪くする原因になることが分かっています。

他にも、悪玉菌のエサになるのが、動物性のたんぱく質や砂糖などです。

お肉、牛乳、乳製品の摂りすぎは腸内環境に良くないとされています。

 

どんなものを皮膚につけてきたか

私達の体には、皮膚からも体内に様々なものが吸収されるです。

 

「経皮毒」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

分子の小さいものは皮膚の隙間から体内に入っていきます。

口から入ったものは体の臓器で消化分解されるので、体外に排出されるのですが、皮膚から吸収して体内に入ったものは血液に溶け込み、体の臓器に蓄積していくと言われています。

 

それがアトピーやアレルギー体質になる原因の一つだと、言われているのです。

 

赤ちゃんの頃に浸かってきた石けん、シャンプー、洗濯洗剤、保湿剤は本当に肌に優しいものですか?

多くのものには、科学成分が含まれておりそれが赤ちゃんの皮膚から入ってアトピーの原因になっている可能性もありますよ。

 

赤ちゃんは、石けん無しでもお湯だけで十分きれいに洗えるらしいです。

また、自然に油脂分も作られるので保湿も必要ないのが理想的です。

 

これらは調べて分かったことです。

病院ではここまで教えてくれません。
私の場合は、身近にオーガニック製品で生活して医療を完全否定している方がいたのでその方にもいろいろ話を聞き、自分でも調べて分かりました。

息子の場合は、経膣分娩ですが早産で生まれたので、膣の検査ができておらず膣の消毒をしたからの出産をしました。

母乳とミルクの混合栄養で育てましたが、母乳3:ミルク7でミルクの方が多く与えていました。

そして、早産で生まれているのにも関わらず生後5ヶ月頃から離乳食を開始。

ベビーソープ、洗剤、保湿剤も近くのドラッグストアで買えるもので科学成分も含まれていました。

 

これだけ条件が揃っていたらアトピーになるのも、今では分かります。

しかし、第一子ということもあり、何も知識がなく息子には本当に可哀想なことをしてしまったと本当に後悔しています。

後悔ばかりしていても、赤ちゃんのアトピーは治りませんので、ここからはママやパパが赤ちゃんのために頑張ってあげましょう!

アトピーは治る病気ですよ!



赤ちゃんのアトピーの治療方法は?息子の場合はこうやってケアした!

 

アトピー性皮膚炎の治療=ステロイド

と思っている方もいるかもしれません。

 

現在の日本のアトピーの基本的な治療はスキンケア(ステロイド治療)が主流です。

しかし、ステロイドに関しては賛否両論です。

 

私はステロイドは息子に使いません!

赤ちゃんの場合はステロイドを使わない方が早く治ることも分かっています。

参考:アトピーくらぶ れのあ

 

こちらでは、ステロイドを使用せずに息子におこなっているケア方法をまとめました。

 

関連記事

アトピーの赤ちゃんをステロイドを使わずに治してあげるには?

 

腸内環境に良い食事

息子がアトピーだと診断されたのは、1歳頃でほとんど卒乳していました。

離乳食の3食食べるようになっていたので、食べるものがとても大切だということが改めて感じました。

 

まずは、調味料を替えました。

  • 塩はミネラルが豊富な天日干しで作られた自然塩
  • 醤油、味噌は菌が生きているもの
  • 砂糖は漂白されていないもの
  • だしは吸収しやすいペプチドのもの

だし&栄養スープ500g:ペプチド(粉末だしの素)

 

あとは、食物繊維がとれるように和食中心の食事、油をあまり使わないような調理法でつくるなどをおこなっていきました。

食材も、しっかりと栄養が摂れるようにできるだけ有機栽培のもの、国産のものを使用するようにしています。

 

コストは高くなりますが、普段の1.2倍のお値段で息子が健康になるなら、自分の服を我慢すれば食品を変えることもできます!

 

関連記事 赤ちゃんのアトピーに効果のある食べ物は?改善や完治はできる?

 

化学製品を使用しないオーガニックなものを使用

洗濯洗剤、お風呂で使う石けん、手を洗う石けん、保湿剤

などは科学成分が含まれない、できるだけ自然にも肌にも優しいものを使用するように変えました。

 

化学製品が入っているものは、肌のバリア機能を高めている肌の常在菌を殺してしまいます。

また、「経皮毒」のことも考えると科学成分が含まれているものは避けた方がアトピーの悪化を避けることができると思います。

 

スキンケアで肌を保湿する

アトピー性皮膚炎の特徴で、皮膚が乾燥してカサカサするということがあります。

免疫バランスが崩れているので、皮膚のバリア機能が弱くなっています。

 

上手く皮脂膜を作ることが出来ずに、皮膚の水分がなくなりやすくなっていると言われています。

肌が乾燥したままにしておくと、皮膚の隙間ができてそこからアレルゲンとなるウイルス、菌、ホコリ、花粉、科学成分などが侵入しやすくなります。

 

免疫バランスが整い、皮膚のバリア機能も高まると自然と肌もしっとりしてきますが、それまではアトピーが悪化しないように保湿をして人工的にバリアを作ってあげることがアトピー悪化を防いでくれると思います。

 

保湿液+クリームを塗ってもすぐに乾燥してしまっていた息子の皮膚も、今では保湿剤だけでしっとりするほどまでに皮膚が丈夫になってきていることを実感しています。

 

関連記事 アトピー性皮膚炎の赤ちゃんのスキンケアの方法とポイント!

 

アレルゲンの除去

アトピーを悪化させる可能性のあるものはできるだけ取り除けるように、生活にも気を遣いました。

  • こまめな掃除や洗濯
  • シャワーの塩素除去

これだけですが、安心して生活できるようになります。

 

あとは、痒がった時に肌を傷つけないように、常に爪は短く丸く切っておきましょう。

 

 

基本的には、これだけに注意して生活すれば半年もすればアトピーの症状は改善すると思います。

体内の赤血球の生まれ変わりは約120日だと言われています。

それは全体の体の細胞の1/3にあたります。

 

体に不要なものを入れずに、体の細胞が生まれ変われば自然と体の中からキレイになりまり、皮膚に出ていた炎症なども落ち着いてくるでしょう。

すぐに目に見えて変化がでるものではありませんので、根気よく赤ちゃんの体を信じてできることから変えていきましょう!

 

まとめ

今回は、息子のアトピーの症状も紹介しながらのお伝えでした。

お子さんがアトピーになると心配なこともたくさんあると思いますが、赤ちゃんの時のアトピーは正しいケアをしてあげていれば成長と共に治ることがほとんどだと言われています。

ステロイドで無理に症状を抑え込むのではなく、根本的なところから治してあげることで少しずつ良くなっていくと思います。

時間はかかるかもしれませんが、1番かわいそうなのはお子さんです。

 

大きくなってからもアトピーが続かないように、小さい内に治してあげられるようにがんばりましょう!

 

関連記事

赤ちゃんのアトピーはいつまで続く?いつになったら治るの?

妊婦のアトピ―は赤ちゃんに遺伝する?妊娠中に赤ちゃんのアトピーを予防する対策は?






-アトピーの症状
-

Copyright© Baby Natural Skin , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.