赤ちゃんの自然治癒力でアトピーを克服!!息子のアトピーのケア方法・赤ちゃんをきれいな肌にするための役立つ情報を紹介しています。

Baby Natural Skin




石けん・洗剤

アトピーの赤ちゃんにも安心して使える洗濯洗剤は?選び方やおすすめは?

更新日:

 

赤ちゃんは大人に比べると皮膚が薄く敏感です。
ちょっとしたことで赤みや痒みが起こることがあります。

その原因の一つに「洗剤」が考えられます。

 

特に、毎日肌に直接触れるものを洗っている「洗濯洗剤」が赤ちゃんに何らかの刺激になっていれば、肌荒れを悪化させることにつながってしまいます。

赤ちゃんがアトピーになると、皮膚のバリア機能が弱まっているのでより外からの刺激や影響を受けやすくなっているので、生活習慣や使っている洗剤を一度見直す方が良いでしょう。

 

今使っているものはアトピーの赤ちゃんにも安心して使えるものなのでしょうか?

アトピー赤ちゃんにも安心して使用できる洗濯洗剤の選び方や息子に使用しているおすすめのものをご紹介したいと思います!




アトピー赤ちゃんの衣類に使用する洗濯洗剤は肌に優しいものにするべき理由は?

洗濯洗剤に含まれている「界面活性剤」が悪影響

 

「赤ちゃんの洗濯洗剤なんて何でも良いんじゃないの?」と思っている方もいるかもしれません。

ドラッグストアにいくといろんな種類の洗剤が販売されていてどんなものを購入すれば良いのか、迷う方もいるでしょう。

 

最近では、粉タイプ、液体タイプに加え、ジェルボールなど様々な洗剤があります。

「赤ちゃん用」や「無添加」とパッケージに書かれているものもありますが、まず赤ちゃんなど肌が弱い人は「界面活性剤」が含まれていないものを使用することが望ましいです。

※「赤ちゃん用OK」「無添加」とかかれた洗剤にも界面活性剤が含まれているものはたくさんあります!

 

「界面活性剤」が洗剤に配合されていることで、衣類の汚れに浸透し汚れが落ちやすくなります。

衣類汚れをキレイにすることが出来る点では良いのですが、この界面活性剤は石油や天然油脂などから作られており、いくら水できれいにすすいでも残留してしまうことが分かっています。(洗濯機で洗濯すると30%ほどは残留してしまいます)

 

この残った界面活性剤の成分が付いている衣類を着用すると、汗や雨などで溶けだして体の中に浸透して皮膚の細胞を傷付けたり、肝臓や腎臓などに蓄積されると言われています。

 

 

「経皮毒」という言葉は聞いたことがありますか?

本来、人間の体には消化機能が備わっているので、毒となるものが体内に入っても消化されて尿や便などで排出されます。

しかし、これは口から吸収したときの話です。

 

粘膜や皮膚から吸収した有害物質は直接血液にいき、全身の器官の運ばれて蓄積するともいわれています。

蓄積されることでアトピーなどアレルギーの原因になるとも言われています。

 

洗濯洗剤だけでなく、シャンプー、ボディーソープなどにも使われているので肌が弱い人や赤ちゃんなどには成分を確認して「界面活性剤」の含まれていないものを使用する方が体への刺激が少なくなります。

 

 

衣類は一日中赤ちゃんの肌に触れていることを考える

暑い夏場の季節はオムツ1枚で過ごしている赤ちゃんもいるかもしれませんが、肌着などの衣類は常に肌に触れています。

顔にはかゆみや湿疹などはないけれど、体に湿疹などができやすい、痒がる

という場合は、着用している衣類に何らかの刺激があるということになります。

 

着ている衣類の素材がチクチクしたり、生地が固くてゴワゴワしたりしていると肌に刺激になってしまうことがありますが、使っている洗剤を見直してみる必要もあると思います。

 

実際に、私も息子がアトピーと診断されるまでは「無添加」と書かれた赤ちゃんへの使用も勧められている洗剤を使用していました。(ドラッグストアで購入できるもの)

香りも気に入っていて、洗剤と柔軟剤を一緒に使用していました。

その時は、「無添加ってかいてあるし、赤ちゃんのも良いみたいだからこれでいいや」というだけでその洗剤を使用していました。

 

 

しかし、アトピー性皮膚炎にと診断されてアトピーについていろいろ調べると、今まで使っていた洗剤にはアトピーの原因になったり、悪化させたりする原因である「界面活性剤」が含まれていました。

「無添加」と書いてあるのは、「漂白剤、蛍光剤、着色料」が無添加という意味だったようです。

柔軟剤にも界面活性剤は含まれていました…これを見た時には正直ショックでしたよ。

 

「赤ちゃん用」となっていても、成分的には他の洗浄力の強いものとあまり変わりないことがわかりました。

 

 

▼以前使っていた洗剤の成分表示

 

▼柔軟剤の成分表示

 

 

▼一般的な洗濯洗剤の成分



アトピー赤ちゃんにも使える優しい洗濯洗剤の選び方は?

界面活性剤の含まれていない「石けん」が人にも環境にも優しい

では、アトピーの赤ちゃんでも使用できる洗濯洗剤ってどんなものがよいのでしょうか?

まず第一に「界面活性剤」の含まれていないものを選びましょう。

 

市販で販売されているものは、成分表示を見ると簡単に見分けることが出来ますよ。

界面活性剤が含まれているものには、「洗濯用合成洗剤」と表記されているのに対して、人にも自然にも優しい石けんで作られているものには「洗濯用石けん」と表記されています。

 

洗濯用石けんの原料になっている石鹸の原料は、牛脂、パーム油、米ぬか油などの天然油脂(または脂肪酸)と苛性ソーダ・苛性カリと反応させることにより、石けんが作られています。

これは水に溶かしても自然なものなので、環境にもとても優しい成分だとされています。

 

いろいろ調べていたら、このような動画もありました。

合成洗剤の使用が怖くなります…。

 

使いやすく経済的なものがおすすめ

洗濯は毎日するので、いくら体や環境に良くても値段が高いものは長く使うことができません。

できるだけ、使用感も良く、経済的に使えるものが子どもを持つ家庭にはおすすめです。

(赤ちゃんはよく汚しますし、洗濯することも多いですよね)

 

洗剤を選ぶ時には以下のことを考えて選ばれると良いと思います。

 

・使いやすい液体タイプ
(水温が低くても溶けやすく使いやすい、ちょこっと洗いにも使いやすい、詰め替えタイプがあるものが多い)

・できるだけ安くで買える物
(詰め替え用などがあれば安くなります)

・近くのお店や通販などで買いやすいもの

 

赤ちゃんの肌のことを考えると、できるだけ洗い上がりはやわらかな方が良いです。
ゴワゴワ固いものは肌に刺激になってしまいます。

 

かといって、柔軟剤にも界面活性剤が含まれていることが多いので、使用しない方が良いでしょう。

 

アトピー赤ちゃんに優しい洗濯洗剤はどこで買える?

探せば、数は少ないですがドラッグストアにも「洗濯用石けん」は売っています。

近くに「オーガニックショップ」などがあればそういったところでも取り扱っているかもしれませんね。

 

一番簡単探せるのはネット通販です。

いろんな種類の石けんがありますし、家まで届けてくれるので赤ちゃんのいる家庭にはとても役立ちます!

 

私はいつもネット通販で購入しています。
ポイントも貯まり、使用できるのでおすすめです!



アトピー赤ちゃんにもおすすめの優しい洗濯洗剤は?使用している感想

 

アトピーの息子に使用している洗濯洗剤「シャボン玉スノール」の感想

息子が1歳頃にアトピー性皮膚炎と診断されて、洗濯石鹸をいろいろ探した結果この「シャボン玉スノール」という洗剤に出合いました。

こちらの洗剤は、「日本アトピー協会推薦品」にも選ばれているのです。

昔CMで「シャボン玉石けん」というのは聞いたことがあったのですが、人にも環境にも優しい無添加石けんの会社であることを初めて知りました。

 

こちらの洗剤は、香料、着色料、合成界面活性剤、蛍光増白剤を使わず「石けん」のみで作られています。

公式サイトはこちら▼
シャボン玉スノール

 

洗浄力が弱くないのか、柔軟剤なしでもゴワゴワしなのか、など使い始めは心配なこともありましたので、まずはお試しということで試してみることにしました。

 

実際に使った感想

  • 柔軟剤なしでもふわふわ柔らかい洗い上がり
  • 香りは石けんのほのかな香り(乾いた後はほぼ無臭にちかいです)
  • 汚れも必要最低限落ちているという感じ

 

私は、洗濯機で洗濯していましたが、汚れも臭いも問題なく落とせている印象でした。

息子の衣類はヨレを防ぐために、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗っていたのですが、汗をよくかく季節になると皮脂も多くなってきたためか首周りなどに汚れが残っていることもありました。

 

ネットに入れているのでしっかり洗えない、洗浄力が優しい、という理由が考えられました。

汚れがひどい時には洗濯機で洗う前に、洗面台で息子の服をこの洗剤で手洗いしてから洗濯することで汚れもスッキリ落ちるようになりましたよ。

 

大人の衣類も一緒に洗濯していますが、今まで柔軟剤の香りに慣れてしまっていたので、はじめは少し香りがもの足りない感じもしましたが今ではこのほのかな石けんの香りが好きです。

たまに柔軟剤の香りを匂うと「人工的に作られた香り」だなと感じるようにもなっています。

 

価格も、ボトルのものが1ℓで1000円ほどで、詰め替え用があります。

私はネット通販で業務用の5ℓのものを安くで購入しています(笑)

 

シャボン玉スノールに変えてからの息子のアトピーの変化は?

 

洗濯洗剤をシャボン玉スノールに変えた半年が経ちました。

それまでの間、洗濯洗剤だけでなく、お風呂で使用する石けん、保湿剤を肌に優しいものやアトピーに良いとされるものにかえたり、食事にも気をつけていたこともありアトピーの症状もほとんどなくなりました。

 

アトピーと診断された時には、お風呂で裸にさせると終始体を掻き毟って血だらけになることも多く、夜も痒さからしっかりと眠れない時もありました。

赤ちゃんの場合、背中やおなかなどにアトピーの症状がでるのは重症の時だとされており、ピークの時には全身の症状がでてしまっており、どうにかしたい一心でいろんなことを試してきました。

 

その中で衣服、布団などは毎日肌に触れるものなので、安全なもので洗えているという安心感もありました。

これで洗濯するようになってからは、徐々に背中やおなかなどにあったアトピーもなくなり、今では肌がしっとりするほどになっています。

 

使用前▼

 

使用半年後▼

 

 

私の息子の場合は、いろんな対策を同時進行でおこなったので、「洗濯石鹸を変えたからアトピーが良くなった」とはハッキリとは言い切れません。

しかし、今までと同じ「合成洗剤」を使用していたら、まだアトピーの症状がひどくてもっとかゆがっているかもしれないと思います。

 

息子の場合は、こちらの洗剤が安心して使えていますが、人によっては使用感が気に入らなかったり、肌に合わないという場合もありますので、私の意見は参考にして頂き、いきなりたくさん買うのではなく試してみることをおすすめします。

 

他のおすすめの洗濯洗剤はある?

私は、「シャボン玉スノール」は近くに売っていなかったので通販で購入しました。

シャボン玉石けんは取り扱っているドラッグストアが少ないみたいです。

 

できれば近くのドラッグストアで買いたい、という方もいるかもしれませんのでドラッグストアで見つけた「洗濯用石けん」をご紹介しておきます。

実際に使用していないので、使用感などは分かりませんがお店にいったらさがしてみてください。

 

ミヨシお肌のための石けん

 

1.2ℓで700円ほどで買えます。

詰め替え用、業務用の詰め替え用もあります。

アトピーママの口コミ評価も良い洗濯洗剤です。

 

▼成分

画像引用:http://shop-miyoshisoap.jp/topics/item28/

 

ミヨシ液体石けんそよ風

 

 

1.2ℓで650円ほどで買えます。

こちらも詰め替え用あります(業務用もあり)

花束の香りということですが、香料は入っていません。

▼成分

 

まとめ

今回は、アトピーの赤ちゃんにおすすめの肌に優しい洗濯洗剤についてお話しました。

赤ちゃんだけでなく、おとなの衣類も優しく洗えて家族みんなの肌に良いというのはとても嬉しいことです。

 

小さなことでも、アトピーの改善のために試してみるとものすごく症状が改善することもあるようです。

洗剤などはあくまで症状が出にくくするための対策だと思いますので、体の中からのケア、スキンケアなど免疫力を高めたり、肌のバリア機能を高めてあげることも大切だと思います。

 

関連記事

口コミでも評判のアトピスマイルクリームを使ってみた!赤ちゃんのアトピーが改善!?

アトピー赤ちゃんはお風呂の入り方で症状が改善する!私が実践した3つのこと

アトピー性皮膚炎の赤ちゃんのスキンケアの方法とポイント!






-石けん・洗剤
-

Copyright© Baby Natural Skin , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.