赤ちゃんの自然治癒力でアトピーを克服!!息子のアトピーのケア方法・赤ちゃんをきれいな肌にするための役立つ情報を紹介しています。

Baby Natural Skin




アトピーの基礎知識

赤ちゃんのアトピーはいつまで続く?いつになったら治るの?

投稿日:

赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になってしまったら親としてはとてもショックではないでしょうか?

「どうしてうちの子がアトピーに!?」と思っている方も少なくないと思います。
私もその一人でした。

昔は、一度アトピーになったら一生治らないと思っていた方もたくさんいらっしゃったようですが、赤ちゃんの頃に発症したアトピーはお家でのケアや過ごし方で治してあげることができると言われています。

 

では、赤ちゃんのアトピーはいつまで続き、いつ頃になると治るのでしょうか?

アトピーの赤ちゃんをお持ちの家族のみなさんの気になる疑問を調べてまとめました!




赤ちゃんのアトピーとは?何が原因で起こるの?

赤ちゃんのアトピーとは?どのような症状?

アトピーの正式名称は「アトピー性皮膚炎」といい、皮膚にかゆみのともなう炎症や湿疹が起こります。

すぐに治るようならアトピー性皮膚炎でなく、「乳児湿疹」や「あせも」なども場合も考えられます。

 

アトピーの特徴は、同じところに長期間かゆみのある湿疹や炎症が起こります。
(乳児は2か月以上、幼児以降は6ヶ月以降症状が続くと)

良くなったり、悪くなったりを繰り返し、左右対称に症状が出るのも大きな特徴だと言えるでしょう。

 

乳児は、頭・顔・首・耳など

1歳以降は、首、ひじ・膝の外側と裏側・手首・足首などに症状が出やすいとされています。

 

アトピーの赤ちゃんの肌が全体的にカサカサして乾燥していることが多いです。

 

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の原因

そもそも赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になる原因は何なのでしょうか?

アトピーの原因は遺伝もあるといわれていますが、ハッキリとは分からないと言われています。
健康な人とアトピー性皮膚炎の人との違いは何なのかを考えればその原因が分かるでしょう。

 

私達が過ごしている中には、様々なアレルゲンが存在しています。

(ウイルス、菌、ハウスダスト、ペットの毛や排泄物、化学製品、食べ物など)

 

健康な人はそれらに接触したり、体内に入っても体になんの影響もありません。
それは、体内の免疫や皮膚のバリア機能が正常だからです。

 

しかし、アトピーの場合はその機能が何らかの原因によって正常に働いていません。

免疫バランスが崩れて、体内に入ったものを上手に排出できず、皮膚のバリアが弱くなっているので皮膚の隙間からアレルゲンが体内に入りやすくなってしまっています。

体にとって入ってきてほしくないアレルゲンが体内に入ることで、体がそれらを「外敵」だと判断して攻撃し、その攻撃か過剰になることで炎症や痒みなどアレルギー性の症状を起こします。

この症状が皮膚に出る『アトピー性皮膚炎』

粘膜や胃に出ると『食物アレルギー』

呼吸器に出ると『気管支喘息』

目や鼻に出ると『アレルギー性鼻炎』

となります。

画像引用:https://sho.jp/topic/6595



赤ちゃんのアトピーはいつまで続く?いつ治る?

赤ちゃんのアトピーが治る状態とは?

赤ちゃんのアトピーが治る状態というのは、「体の免疫バランスが整い、皮膚バリアが正常に働く」状態ということになるのではないでしょうか。

アトピーは皮膚の病気ではありません。

 

体の中から治療することで治癒に向かっているとされているので、ステロイドなどの塗り薬などは一時的に症状を緩和させるだけで、体内から治していることにはならないので、薬の治療をストップするとまたアトピーの症状がでてくるのはそのためです。

 

ですから、赤ちゃんの成長と共にアトピーが治ることがあるのは「体が丈夫になったから」ということになると思います。

 

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎はいつ治る?

赤ちゃんのアトピーが治るのは、1歳半~6歳頃と言われています。

体が大きくなり、免疫が付き丈夫になると免疫バランスが崩れることもなくなり、皮膚バリアが強くなるからだとされています。

体の成長には個人差がありますので、治る時期も異なるようです。

 

画像引用:https://www.erca.go.jp/yobou/zensoku/sukoyaka/43/feature/feature03.html

 

赤ちゃんは体の発達が大人に比べて未熟ですよね。
特に消化器官は未熟で大人と同じ食事と食べても体に負担がかからなくなるのは、早くても3歳頃だとされています。

図を見ていただくと、年齢と共に患者数が減っているのが分かると思います。

消化器官が発達するにしたがって食物アレルギーはかなり減っています。
アトピー性皮膚炎も成長と共に減少していっています。

 

しかし、成長と共に必ず治ると言うわけではないようです。

間違ったケア、不規則な生活、質の悪い食生活を続けているとアトピー性皮膚炎の症状が大きくなってもずっと続いたり、気管支喘息やアレルギー性鼻炎などのアレルギーに移行してしまう可能性もあります。

(このように、年齢と共にアレルギー症状や原因が変わっていることをアレルギーマーチといいます)

 

できるだけ小学生になるまでに治してあげられるように、親はできることをしてあげましょう。



赤ちゃんのアトピーを治すためにできることは?

赤ちゃんのアトピーを治す際には、皮膚科や小児科に行かれる方も多いと思いますが、病院ではアトピー治療のガイドラインにそってステロイド薬を処方して治していこうとされる方が多いです。

 

ステロイド薬については様々な意見がありますが、私は息子にステロイドは使用していません。

 

こちらにステロイドについては詳しくまとめていますので、参考によんでみてください↓

参考 アトピーの赤ちゃんをステロイドを使わずに治してあげるには?

 

 

体の免疫バランスが整い、皮膚バリアが正常に働く状態に導くためのことをしてあげるのが、アトピーを治す近道になるのではないでしょうか?

赤ちゃんのアトピーが治った!とブログなどで言われている方の多くは、ステロイドを使用せずに、体にやさしいものを食べさせたり、スキンケアを徹底しておこなったりされている方が多くいらっしゃいます。

私の意見もその一つとして生活に取り入れていただければと思います。

 

腸に良い食事をこころがける

体の免疫力を高くするのは、体の腸内環境を良くすることがとても大切です!

アトピーの赤ちゃんの腸内には「善玉菌」が少なく、「悪玉菌」が多くなっている傾向があるようです。

 

腸内細菌を増やすためには、腸に良い食事をすると良いですよ。

腸に良い食事とは、菌そのものを増やす『発酵食品』や善玉菌のエサになる『食物繊維』を摂ると良いとされています。

 

離乳食が始まっていない赤ちゃんには、ママの母乳を与えることで腸内環境を良くすることができます。

母乳にはオリゴ糖がたっぷり含まれ、これが腸内のビフィズス菌のエサになり腸内環境を良くしてくれます。

 

スキンケアでしっかり保湿する

スキンケアはアトピーのケアに欠かせないものです。

アトピーの赤ちゃんの肌が乾燥してカサカサして、皮膚の表面に隙間が空いている状態になります。

その隙間からは肌の水分が失われやすくなり、アレルゲンも体内にはいりやすくなっています。

 

スキンケアをして皮膚に潤いを与えて、肌バリアを作ってあげることでアレルゲンの侵入を防ぐことができます。

痒みや炎症を抑えることにもつながるといわれていますので、お風呂で清潔にし、その後肌に優しい保湿剤で保湿してあげましょう。

 

規則正しい生活をさせる

寝るのが遅くなったり、家でばかり遊んでストレスがたまるような生活をしていると、体のホルモンの影響でアトピーが悪化してし舞うことがあります。

夜は早めに寝かせてあげることで、しっかりと成長ホルモンが分泌されて細胞の生まれ変わりも促すことができるでしょう。

しっかりと身体を動かして遊ばせてあげることも大切だと言われています。

 

アレルゲンになるものはできるだけ除去する

アトピーの症状ができるだけ悪化しないように、アレルゲンになるものはできるだけ除去してあげる方がよいでしょう。

ハウスダスト、ダニ、ペットの毛などはこまめな掃除で取り除けますよね。

洗濯洗剤、シャンプー、石鹸、ハンドソープなども無添加のものにすると科学成分を避けることができます。

食べるものにも気をつけましょう。

食品添加物や農薬も、アトピーの悪化させることがあります。
市販のおやつや調味料などにも食品添加物が含まれているので、できるだけオーガニックのものを使用するようにしてください。

値段が1.2倍くらいになると思いますが、月でいうと1万円もかわりません。
少し洋服を我慢したりするだけで家族の食事を良くすることができますよ!

 

まとめ

赤ちゃんのアトピーは成長と共に治ることも多いです。

治るまで痒がっている姿を見るのはとても辛いと思いますが、赤ちゃんの体を考えた食事や生活環境を作ってあげることで症状を緩和させてあげることができると思います。

私は医者ではないので、「ステロイドは絶対ダメ!」とは言えませんが、赤ちゃんの将来のことを考えると使わない方が早く治してあげられると思います。

赤ちゃんの頃にステロイドで症状がなくなっても、大きくなってから再発することもあるので、そのようにならないためにも体の中から元気にしていってあげましょう!

 

関連記事

赤ちゃんのアトピーに効果のある食べ物は?改善や完治はできる?

食品添加物は赤ちゃんに悪影響!アトピーを悪化させるって本当?!

アトピーの赤ちゃんには固形石鹸がおすすめ!肌に優しいお風呂の入り方・洗い方は?






-アトピーの基礎知識
-

Copyright© Baby Natural Skin , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.