赤ちゃんの自然治癒力でアトピーを克服!!息子のアトピーのケア方法・赤ちゃんをきれいな肌にするための役立つ情報を紹介しています。

Baby Natural Skin




アトピーの症状

アトピーの赤ちゃんは首の後ろもかゆくなる?原因や対策は?

投稿日:

赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になるとある程度決まった場所にアトピーの症状が現われます。

その中でも首の周りにアトピーの症状が現われることは少なくなく、私の息子も首の後ろがかゆくて掻きむしっている時期がありました。

 

アトピーの赤ちゃんはどうして首の後ろがかゆくなってしまうのでしょうか?

その原因や対策についてまとめました。




アトピーの赤ちゃんは首に後ろもかゆくなる?

首はアトピーの症状が出やすい

アトピー性皮膚炎は赤ちゃんだけでなく、大人でもかかる皮膚疾患です。

 

赤ちゃんの主なアトピーの症状は、肌が乾燥してカサカサしており、かゆみがある赤い皮疹が現われることが多いです。

乳児湿疹であれば、肌を清潔にしており、スキンケアをすると自然と治ることが多いですが、アトピー性皮膚炎はよくなったり悪くなったりしながら2カ月以上続くことが多くなります。

また、湿疹がほぼ左右対称の位置にできている場合も多いです。

 

一般的に、1歳未満の乳児はからアトピーの症状が現われ、おでこや頰、あご、耳たぶのつけ根など、顔や頭を中心に赤い湿疹が発症することが多く、やがて背中やおなか、手足、股、わきのしたなど全身に広がっていきます。

1才を過ぎると湿疹部分が赤黒くなり、全身が乾燥してカサカサになることが多いです。
できやすい部位も、首のまわり、手首足首、ひじやひざの内側、耳たぶの下が切れたりすることが多くなります。

 

「首」「ひじの内側」「ひざの裏」

主にこの3カ所が、赤くて、かゆかったら、アトピー性皮膚炎の可能性が高いとも言われています。

 

アトピー赤ちゃんは首の後ろがかゆくなる【息子の場合】

息子はアトピー性皮膚炎と診断されています。

現在は1歳半で、首の後ろにかゆみが出ることが少なくなっていますが、3か月前くらいは首の後ろが痒かったようでよくかいて首の後ろに掻き傷ができていることも多くありました。

1歳頃の赤ちゃんは腕もしっかり上がるようになってきているので、首の後ろまで手を伸ばして自分で掻きむしってしまうので寝ている時などボリボリ掻いていることが多かったように思います。

これはまだマシな時ですが、見るからに皮膚がカサカサして痒そうなのがわかります。



アトピーの赤ちゃんは首に後ろもかゆくなる原因は?

首は意外とデリケートで乾燥しやすいから

首はうなずいたり向きを変えたりする時など、実は想像以上に動かしているパーツです。

首は顔と比べて皮脂腺が少なく、もともと乾燥しやすい場所なんです。
大人の場合はお手入れ無しではシワができやすい場所ですよね。

 

アトピー性皮膚炎の場合は、バリア機能が弱まり水分が外へ出てしまっているため乾燥しています。
乾燥した皮膚は、外部からの刺激物質が侵入しやすくなって様々な刺激によってかゆみが起こりやすくなります。

首の後ろは寝ている時に布団に触れていることが多く、起きている時は紫外線の影響を受けやすい場所です。

 

一般的に、子どもは大人より皮膚の状態がよいと思われがちですが、実は生後3ヵ月から思春期までの子どもの皮膚は、皮脂の分泌がとても少なく、乾燥していることが分かっています。

だから首はカサカサしてアトピーの症状も出やすいと言われています。

 

赤ちゃんの首に負担がかかっているから

赤ちゃんアトピーにはある程度決まった部位にでることが分かっています。

一般的に、1歳未満の乳児はからアトピーの症状が現われ、おでこや頰、あご、耳たぶのつけ根など、顔や頭を中心に赤い湿疹が発症することが多く、やがて背中やおなか、手足、股、わきのしたなど全身に広がっていきます。

1才を過ぎると湿疹部分が赤黒くなり、全身が乾燥してカサカサになることが多いです。
できやすい部位も、首のまわり、手首足首、ひじやひざの内側、耳たぶの下が切れたりすることが多くなります。

 

首まわりは赤ちゃんの発達の段階で負担がかかりやすい部位になります。

首が座りかけている時から重たい頭を支えようとしているので、首が座った頃から赤ちゃんの首には思っている以上に負担がかかっているのです。

首に負担がかかっているということは、首周りの筋肉が緊張してしまっていることが多いです。

筋肉の緊張が高くなるとその部分に滞りが起きます。
その滞った部分を促したいという体のサインが痒みとなって現われるので首がかゆくなったりします。

 

赤ちゃんの足首にアトピーの症状が出やすいのも同じです。
乾燥しやすく、足首は体を支えるので負担がかかっていますよね。



アトピー赤ちゃんの首の後ろがかゆい時の対策は?

首もしっかりと保湿をする

アトピーの赤ちゃんの皮膚は乾燥している上に、2歳くらいまでの赤ちゃんの肌は網タイツのように隙間だらけです。

赤ちゃんは日々猛スピードで成長しているので、肌の成長が追いつかないのでそのような状態になってしまっています。

隙間だらけの乾燥肌のままでは、アレルゲンが体の中に入ってきやすくなるので、しっかり保湿して皮脂膜を作ってあげましょう。

 

アトピーの赤ちゃんの場合が上手に皮脂の分泌ができなくなっています。

自分の体で自然と皮脂が作れるように保湿のしすぎもいけませんが、ある程度皮膚を守ってあげた方が痒みが起こりにくくなるので保湿はしてあげた方が良いと思います。

 

体の中の問題(消化器官がしっかり発達したり、免疫バランスが良くなるなど)が解決すると自分で皮脂を作れるようになるので脱保湿できるようになると思いますが、それまでは首も保湿してあげる方が良いでしょう。

 

かゆみを引き起こす刺激を取り除く

アトピーのかゆみを起こす要因は人によって様々です。

一般的には、以下のようなものがアレルゲンになりやすいとされています。

紫外線、細菌、ウイルス、ハウスダスト、花粉、植物、食べ物、衣服、洗剤、化粧品、貴金属、気温、湿度など

 

他にも、首の場合は髪による刺激や寝ている時の布団、なども考えられます。

 

何か心当たりがあるのであれば、一つずつ取り除くことでかゆみが起こることが少なくなることがあります。

 

赤ちゃんの整体などで滞りを取り除く

赤ちゃんのアトピーの多くは発育過程に問題があり、症状が起こります。

内臓が未発達でうまく消化することができなかったり、体のめぐりがうまくできない、生まれてそれほど月日が経っていないので体が出来上がっていないのもうなずけますね。

 

このような体の中の問題は整体で解決できると言われています。

頭を支えている首は緊張していることが多く、首アトピーが出るようになってしまいます。

緊張状態が続き、自律神経が不安定になることもアトピーを悪化させる要因です。

 

首以外にも、血流やリンパの流れが悪い場所にアトピーが出やすいので、体の中の滞りを無くすことで体全体のアトピーが改善するケースがあるようです。

 

整体の他にも爪もみなどを行うと体の自律神経が整い、かゆみが起こりにくい体になっていくと言われています。

アトピーの場合は、自律神経のバランスがくずれており、副交感神経が優位になりやすいということがわかっています。
副交感神経が優位になると白血球の中のリンパ球がふえて、免疫が過剰になります。そのため、アトピーや花粉症などのアレルギーになりやすいのです。

また、あらゆる病気を引き起こす原因にもなります。

 

赤ちゃんの整体もできる専門の治療院もあるようなので、お近くの場所で探して相談してみると良いと思いますよ。

自分で行うのは知識がないとデリケートな赤ちゃんを傷つける可能性があるのでやめた方が良いでしょう。
指導者の指導を受けて行うようにしてくださいね。

 

まとめ

首は乾燥しやすく、常に負担がかかっているのでアトピーの症状が出やすい場所です。

赤ちゃんの体の負担を取り除くことで少しはかゆみなどの症状が治まることがあるので、まずは自分でできることから対策を行ってあげてください。

 

関連記事

アトピーの赤ちゃんが夜にかゆくなって寝れない原因は?対処法はある?

赤ちゃんの足首のカサカサぶつぶつはアトピー?かゆみの原因や対処法は?






-アトピーの症状
-

Copyright© Baby Natural Skin , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.