赤ちゃんの自然治癒力でアトピーを克服!!息子のアトピーのケア方法・赤ちゃんをきれいな肌にするための役立つ情報を紹介しています。

Baby Natural Skin




アトピーの症状

赤ちゃんの足首のカサカサぶつぶつはアトピー?かゆみの原因や対処法は?

更新日:

赤ちゃんのお肌はとっても敏感でデリケートで、ちょっとしたことでも荒れたり、湿疹ができやすかったりします。

湿疹はいろんな場所にでますが、「足首」にできるカサカサ、ぶつぶつは乳児湿疹やあせもではない可能性があります。

症状が長く続いていたり、かゆみがある場合は「アトピー性皮膚炎」の可能性がありますので、放っておくといつまでも治らないということもありますよ。

 

息子も生後半年頃から足首がカサカサしだし、1歳ころからかゆみがひどくなってきて「アトピー性皮膚炎」と診断されました。その時の様子や対処法についてもお伝えしていきたいと思います。



赤ちゃんの足首のカサカサぶつぶつはアトピー?

赤ちゃんの健康的なお肌は適度にしっとりしていてツルツルすべすべなのが一般的です。

しかし、赤ちゃんの皮膚は大人より薄くとても敏感で乾燥しやすいので、間違ったケアをしていると水分や油分が奪われてしまって肌がカサカサぶつぶつしてしまうことがあります。

 

赤ちゃんの足首に湿疹、かゆみ、赤みなどがある場合は、

  • 乳児湿疹
  • あせも
  • アトピー性皮膚炎

のどれかにあてはまります。

 

乳児湿疹

病気の名前ではなく、赤ちゃんにできやすい湿疹のことをまとめて「乳児湿疹」と言っています。

症状は様々で、赤ちゃんの月齢によっても起きやすい場所がちがったり、原因が複合していることがよくあると言います。

赤いポツポツが出ることが多く、そこから広がって皮膚が赤くなったり、かゆみが出てかきむしってジュクジュクになってしまうような場合もあります。

生後3ヶ月ごろまでは、皮脂の分泌量が多いので、毛穴が詰まりやすく、皮脂腺に脂がたまって湿疹ができやすくなります。

生後3か月以降は、赤ちゃんは皮脂の分泌量が急速に減っていき、皮膚が乾燥していてカサカサしがちになります。
皮膚が乾燥すると体内の水分が出て行きやすくなり、「バリア機能」が弱くなります。外からほこりや汚れ、ウイルスなどが体に侵入しやすくなり、外から少しの刺激を受けただけでも炎症を起こして、湿疹ができやすいのです。

 

あせも

汗をかきやすい季節によくできる湿疹が「あせも」です。

赤ちゃんは大人より体は小さいのに皮脂腺の数はほとんど同じくらいの数だといわれています。

さらに、赤ちゃんは大人より体温が高く代謝がよいので、汗をかきやすくなります。

あせをかいたまま放っておくと、あせがたまりやすい首や足首、手首、蒸れやすい背中や腰、おしりなどにあせもができてしまいます。

こまめに汗を洗い流して保湿をしてあげることで肌が清潔に保たれて、あせもは治って行くことがほとんどです

 

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、カサカサして赤いブツブツがよくおこります。
他の湿疹とちがうところは、良くなったり悪くなったりを繰り返し、慢性的にかゆみが強い湿疹だということ。

生後1~2ヶ月くらいの赤ちゃんは、皮脂の分泌が多く、赤ちゃんニキビといわれるような赤いブツブツがよくみられますが、アトピーではありません。

特に、月齢が低い赤ちゃんは乳児湿疹との判断が難しいといわれており、早ければ生後4ヶ月~6ヶ月頃からアトピー性皮膚炎であると診断されることもあります。

 

乳児湿疹、あせも、アトピーはどうやって見分ける?

これらの症状は赤いポツポツとした発疹ができるので、見分けることがとても難しいと言われています。
お医者さんでも判断するのが難しいそうです。

アトピー性皮膚炎の診断基準は、

1.かゆみがある

2.典型的な場所に典型的な湿疹があること。
赤ちゃんの場合が、頭、顔に始まりしばしば体から手足に下降していく。
1歳以降では、ひじやひざの内側と胸のあたり、足首、手首などにも出やすくなります。
ひどい場合はお腹や背中など全身に広がっていくこともあります。

3.発疹やかゆみが長く続いていること。
 (赤ちゃんの場合は2ヶ月以上。)

この3つを満たせばアトピー性皮膚炎と診断されます。

 

ですから、かゆみがなかったり、2か月以内に完治して元の肌に戻るようならアトピー性皮膚炎ではないということです。
肌を清潔にして保湿してあげると治ることは多いそうです。

 

反対に、2か月以上かゆみが続いているのならアトピー性皮膚炎の可能性が高いので、かゆくて眠れなかったり、かきこわしてジクジクしているようなら病院などで診察して治療方法を相談する方がよいかもしれません。



赤ちゃんアトピーの症状が足首に出るのはなぜ?かゆみの原因は?

赤ちゃんの足首にかゆみや赤い炎症などが起きてしまうのはどうしてなのでしょうか?
いくつか原因が考えられますので、まとめました。

 

皮膚の「黄色ブドウ球菌」が増えすぎている

足首には湿疹やあせもができやすいのは、ちょうど足首の曲がっているところにシワができることにあります。

シワができると、そのあいだに汗や皮脂がたまりやすくなるので菌が繁殖してしまいます。

 

どんなに肌がきれいな人でも、肌には菌がいます。

菌の中にも「常在菌」という素肌を健康に保ってくれるものもあれば、傷などを化膿させてしまったりかゆみを起こすような「黄色ブドウ球菌」という菌もいます。

湿疹やかゆみが起こるのは、シワの間に「黄色ブドウ球菌」が繁殖しやすくなっているのでかゆくなったり、赤く炎症が起こったりするといわれています。


(↑黄色ブドウ球菌)

アトピー性皮膚炎の赤ちゃんも、この「黄色ブドウ球菌」が皮膚で通常より多く繁殖しているといわれています。
*黄色ブドウ球菌は、その数が多すぎなければ皮膚に問題は起きないので、増やさないようにすることがかゆみや炎症をひどくさせないために重要だとされています。

 

体の成長に皮膚の成長が追いついていない

赤ちゃんの発育はとても早いですよね。

日に日に成長しているので、骨や筋肉が大きくなるにしたがって、皮膚も作られて体の面積が増えていっています。

しかし、皮膚の成長はゆっくりなので、成長に追い付けず肌の隙間ができてしまっています。
足首、腕や膝の裏などに湿疹やかゆみが起こりやすいのはこれが原因の一つであると言われています。

皮膚の表面に隙間ができると、開いた隙間から体内の水分が出やすくなり肌が乾燥しやすくなります。

妊娠中にお腹が大きくなると妊娠線ができて痒みが起きるのと同じようなイメージです。

肌を軽めにマッサージをすることで、細やかな肌のきめを均一にできます。更には血流が良くなります。



赤ちゃんの足首のアトピーがかゆい時の対処法は?

赤ちゃんの足首がかゆいと、自分の爪で掻いてしまうと思います。
息子は、器用に足の爪を使って足首を掻いている時もありましたよ(笑)

掻きむしるとジュクジュクに化膿してしまい悪化する可能性もあるので注意が必要です。

家庭でもできる足首がかゆい時の対処法をいくつかご紹介します!

 

爪を短く切る

まずはかゆくて掻いてしまっても、悪化しないように爪は短く切ってあげてください。

手の爪だけでなく、足の爪も短くしてください。

切りたての爪は鋭くなっていて、肌を傷つけやすくなっていますので、やすりなどで爪の切り口を滑らかにしてあげると掻いても傷ができにくくなりますよ。

赤ちゃんが起きている時は嫌がってさせてくれないことあると思いますので、お昼寝中など寝ているときや、テレビなどを見て何かに熱中しているスキにされると良いですよ。

 

掻くのを制限してしまうと、掻きたいのに掻けないストレスがたまって良くないといわれています。
掻いても大丈夫なように常に爪が短い状態にしてあげてください。

 

肌を清潔にして保湿する

肌を清潔にしておくと、かゆみや炎症の原因の一つである「黄色ブドウ球菌」の繁殖を抑えられます。

人間の健康な皮膚は「弱酸性」ですが、黄色ブドウ球菌が多く繁殖している肌はアルカリ性に傾いているそうです。

 

肌を清潔にするのにはお風呂に入ると良いのですが、アトピーの赤ちゃんの場合はお風呂の入りすぎは水分が失われたり、肌への刺激の心配だと思います。汗をよくかく季節なら1日に2,3回シャワーをしても良いかもしれませんが、入りすぎはかえって悪化させてしまうこともあります。

 

そんな時には、肌を弱酸性にしてあげるのがよいのですよ!

黄色ブドウ球菌は、消毒をすると死滅していなくなりますが、普通のケガの時などに使う消毒液では肌に良い「常在菌」まで殺してしまうことになります。

「黄色ブドウ球菌」だけをやっつけるために有効だといわれているのが「グレープフルーツ種子エキス」だと言われています。

グレープフルーツの種から抽出したエキスにはそんな効果があるそうです。

詳しい実験結果はこちら→株式会社生化学技研

 

肌を清潔にしたら、弱酸性のローションやクリームなどで保湿してあげると、かゆみが起こりにくい健康的な肌になると言われています。

この情報を知ってから、息子には「無印良品の敏感肌用(高保湿タイプ)」の化粧水と乳液を使用しています。

無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリー・弱酸性

さらに、グレープフルーツ種子エキスが入っているという使い始めたのですが、息子の肌には合っているようで肌がしっとりしてかゆみもおさまってきています。

使用前

 

使用後1週間

右足ですが、少し赤みが引いてきています。

 

また使用感や効果などお伝えしたいと思います。

 

追記

 

その後、さらにアトピーの赤ちゃんにも良いスキンケアを探してこちらに切り替えて使用しています。

アトピーの肌のために作られた保湿液「ヒアルモイストα」です。

アトピーラボという会社で作られているもので、使用されている成分はたったの4つだけ。

精製水(マイナスイオン水)・ヒアルロン酸NA・水溶性コラーゲン・シソ葉エキス

肌に優しくベタつかずにしっとりするので、お風呂上りと朝に全身つかっています。

もう何本も使用していて、安心して使え肌の調子も良いみたいでお気に入りです。

アトピーラボ公式サイト

 

 

足首、肘と膝の内側、外側はカサカサして乾燥ぎみなのでその上に「アトピスマイルクリーム」を使用しています。

アトピスマイルクリームはステロイド成分不使用のクリームで、赤ちゃんの肌の水分保持機能を改善してくれるものです。
口コミ評価も良かったので使ってみて、リピートしてずっと使っています。

このケア方法にしてからぐっと肌がきれいになり、痒がることもほとんどありません。

使用の効果や、使用感には個人差があるかもしれませんが保湿に何を使えば良いか迷っている方は一度ためしていただければと思います。

 

▼私の使った感想や口コミなどはこちらをご覧ください

口コミでも評判のアトピスマイルクリームを使ってみた!赤ちゃんのアトピーが改善!?



 

 

息子の足首はこのようにきれいになっていっていますよ!

前回の撮影から3か月後くらいに撮影

ブツブツ湿疹はできなくなっています。

多少カサカサはしていますが、全体的に肌がしっとりしてきました。

 

まとめ

足首のカサカサや赤いブツブツは、必ずしもアトピー性皮膚炎の症状というわけではありません。

症状が続いて治らない、かゆくて掻きむしってしまう、などの症状があればアトピーの可能性があるの

 

参考にしたサイト

英気治療院

黄色ブドウ球菌とアトピーの関係






-アトピーの症状
-

Copyright© Baby Natural Skin , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.