赤ちゃんの自然治癒力でアトピーを克服!!息子のアトピーのケア方法・赤ちゃんをきれいな肌にするための役立つ情報を紹介しています。

Baby Natural Skin




アトピーの基礎知識

赤ちゃんのアトピーはいつからわかる?症状の特徴や乳児湿疹との違いは?

更新日:

赤ちゃんの肌はしっとりツルツルというイメージがある方もいるかもしれませんが、大人よりも皮膚が薄くて肌トラブルも起こりやすくなっています。

赤ちゃんに「乳児湿疹」ができることはよくあることですが、湿疹ができている場所や特徴によっては「アトピー性皮膚炎」の可能性もあります。

アトピー性皮膚炎になると治すのが大変なイメージがありますが、乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の違いは何のでしょうか?

赤ちゃんがアトピー性皮膚炎にならないためにもその原因や予防方法などもまとめました。




赤ちゃんのアトピーはいつから?乳児湿疹との違いは?

赤ちゃんのアトピーは判断するのが難しいと言われています。
それは、赤ちゃんは肌荒れを起こしやすく、よく湿疹ができるからです。

乳児湿疹は、生後間もない頃から1,2歳頃まで続く場合があるのでどのような違いがあると「アトピー」になるのか、いつ頃からであれば明確に分かるのかまとめました。

 

赤ちゃんのアトピーと乳児湿疹の違いは?

日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」によると、赤ちゃんのアトピーと乳児湿疹の違いは『湿疹の症状が2か月以上続くかどうか』といわれています。

赤ちゃんの湿疹は産まれて間もないころから始まることも多くあります。
生後3か月頃までは皮脂が多く分泌されるのでそれが原因で湿疹ができる場合が多く、頭部、顔面などに湿疹が出ることから始まります。

それ以降は皮脂量が急に減少していくので赤ちゃんの肌は乾燥しやすくなります。デリケートで繊細な赤ちゃんの肌は乾燥や様々な刺激によって湿疹が出やすいのです。

1歳頃には顔面の湿疹はほとんど治まり体に湿疹が出やすくなると言われています。

 

赤ちゃんのアトピーの症状はだいたい生後4ヶ月~6ヶ月頃に出始めるといわれていますが、赤ちゃんの月齢が低いほど乳児湿疹と比べても見た目ではなかなか判断できないことが多いようです。

乳児湿疹であれば肌を清潔にして保湿をしておくと自然と治ることがほとんどですが、アトピーの場合は湿疹が良くなったり悪くなったりを繰り返しなかなか治らないことが多いです。

1歳以降も湿疹が体や同じところに出ているのであればアトピーの可能性が高いので小児科や皮膚科で診てもらうようにしてください。

 

アトピーと乳児湿疹の違いを息子の写真で比較!

息子は生後6ヶ月頃から体にかゆみのある湿疹ができ始めかゆがるようになりました。
その時は病院に連れて行っても「アトピー」とは判断できないということでした。

それからも治ったり、また湿疹が出来たりの繰り返しで1歳過ぎで「アトピー」と診断されました。

 

生後3か月

顔のみに湿疹が出ました。
乳児湿疹と言われて塗り薬を塗ったところ、さらにかぶれて顔が真っ赤になりました。

これは治ってきたころの写真です。
顔の皮が剥けてきれいな肌ができてきたところと言う感じ。

 

生後6ヶ月 

肘の内側 足首にかゆみのある湿疹

足首の辺りが赤くなっているのが分かりますでしょうか?
頬にも湿疹ができています。

ちょうど夏ということもあり、顔は乳児湿疹、足首などは「あせも」だという診断でした。

 

生後1歳2か月頃

アトピー性皮膚炎だと診断されました。

かゆくて掻いてしまっています。

 




 

赤ちゃんのアトピーはどんな症状の特徴がある?

アトピー性皮膚炎は以下のような特徴があります。

・良くなったり悪くなったりを繰り返し返す
・乾燥していてかゆみがある

湿疹の見た目だけでは判断しにくいですが、「慢性的なかゆみがある」場合はアトピー性皮膚炎の可能性が高いです。

症状がでやすい部位は年齢によって多少変わってきます。

新生児~1歳末頃まで:頭、顔が多く、ひどくなると体感や四肢にも出るようになる

1歳末頃~10歳頃まで:乾燥した皮疹で四肢関節部、頸部によく出る

 

また、アトピー性皮膚炎の特徴として、体に出る時は左右対称に症状が出ることが多く、耳の下が切れる「耳切れ」が起こることも多いです。

 

こんな肌の症状の赤ちゃんはアトピーの可能性がある

「赤ちゃんがアトピーかもしれない」と心配な方もいると思います。
以下のような状態の場合はアトピーの可能性があるので専門医相談したり、赤ちゃんのアトピー対策を行いましょう。

  • 皮膚がかゆい状態がある
  • 肘、膝の屈曲部、四肢の外側のどこかに湿疹がある
  • 肌が乾燥してカサカサしている
  • 両親がアレルギー疾患である

 

 


赤ちゃんがアトピーになる原因や予防方法はある?

赤ちゃんがアトピーになる原因は?

赤ちゃんに繰り返しかゆみがある湿疹ができたり、肌がカサカサするのは、『IgE抗体』が関連して起こっていると言われていますが、はっきりとした原因はわかっていないといいます。

IgE抗体』とは、アレルゲンが体の中に入ってきた時に私達の体の中で作られるたんぱく質のことです。

私たちの体には、ウイルスや細菌などの異物が入ってきたときに体内に「抗体」がつくられ、これら外敵をやっつけようとする「免疫」というシステムが備わっています。

しかし、アトピーの人は食べ物、花粉、ダニ、ハウスダストなど(アレルゲン)私たちの体に害を与えない物質に対しても外敵と判断して過剰に反応して、攻撃をし過ぎると体の中でヒスタミンなどの化学物質を放出してかゆみなどの症状を出すと言われています。

その他に考えられる原因としては、

  • 乳児期の乾燥肌
  • 遺伝的な要素(両親や祖父母がアトピー、アレルギー性鼻炎など)
  • 免疫バランスが崩れている(腸内環境が良くない)
  • 生活環境(衣・食・住)の変化

など原因はこれ!というものが分からないことがほとんどだと言われています。

 

また、乳児の場合は食物アレルギーに関係していることが多いそうです。

 

赤ちゃんがアトピーにならないための予防方法は?

赤ちゃんの皮膚の状態がアトピー性皮膚炎なのか、ただの乳児湿疹なのか分からない場合も多いと思います。

赤ちゃんがアトピーにならないようにできることや、アトピー性皮膚炎の場合でもこれ以上悪化させないためにもできることから取り入れてみてください。

スキンケアをして保湿する

アトピー性皮膚炎の特徴として肌が乾燥してカサカサしているということがあります。

肌が乾燥していると皮膚のバリア機能が弱くなり、乾燥した皮膚の隙間に様々なアレルゲンが侵入しやすくなってしまいます。

保湿をしっかりしてあげることで皮膚の上に薄い膜を作ることができバリア機能が高まると言われています。

保湿をすることでかゆみも少しは抑えることができると思いますよ。

 

スキンケアの前には肌を清潔にしてあげる必要がありますが、石けんで洗いすぎるとそれが刺激になって悪化させてしまう場合もあるのでぬるめのお湯でしっかり泡立てた泡で優しく洗ってあげてください。

長時間の入浴は体温があがり、かゆみが出てしまうのでかゆい場合は短時間で入浴を終わらせると良いと思います。

入浴後は肌が乾燥しやすいので、すぐに保湿をしてあげてくださいね。

 

赤ちゃんの生活環境を見直す

赤ちゃんが普段過ごしている家の環境や、衣服の素材、使っている洗剤など刺激になっているものがないか見直してみてください。

掃除がこまめにできていないのであればホコリやハウスダウストが気になりますね。

じゅうたんやエアコンのフィルターなどもきれいか確認してみてください。

布団も掃除機をかけると寝ている時も安心ですね!

 

赤ちゃんの肌に直接触れるものは優しい素材のものでしょうか?また、その衣服を洗っている洗剤の成分が赤ちゃんに良くない可能性もあります。

肌に触れるものは、木綿やオーガニックコットンなど柔らかく刺激のすくないものがおすすめですよ。

 

まとめ

赤ちゃんの月齢が低い場合はアトピー性皮膚炎と判断しにくいですが、湿疹をそのまま放っておくことはよくありません。

肌を清潔にして、赤ちゃんが元気に過ごせるようにお家の環境を整えたりできることから行ってみてくださいね。

心配な方は病院の医師に一度見てもらい治療方法を相談すると良いと思いますよ。

 

参考文献






-アトピーの基礎知識
-

Copyright© Baby Natural Skin , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.