赤ちゃんの自然治癒力でアトピーを克服!!息子のアトピーのケア方法・赤ちゃんをきれいな肌にするための役立つ情報を紹介しています。

Baby Natural Skin




過ごし方

免疫力を高めると赤ちゃんのアトピーが改善する!免疫力を高めるための方法は?

更新日:

 

アトピー性皮膚炎になる赤ちゃんが昔に比べると、近年増加していると言います。

赤ちゃんがアトピーになると皮膚が赤くなったり、痒みのある湿疹ができたりしてとてもかわいそうですよね。

 

皮膚に症状が現われるので、皮膚の病気のようにも思いますが、アトピー性皮膚炎の本当の原因は体の中にあると言われているんですよ。

アトピー性皮膚炎は体の中から元気にしてあげることで、症状が改善していきます。

体を健康に保つためには「免疫力」を高めることがとても大切です!

 

今回はアトピー性皮膚炎と免疫力についての関係や、赤ちゃんの免疫力を高める方法をご紹介します。



赤ちゃんのアトピーの原因は免疫力?

赤ちゃんのアトピーの原因とは?

アトピーとは、「アトピー性皮膚炎」のことをいいます。

赤ちゃんだけでなく、子どもから大人までなる病気で、痒みをともなう湿疹が良くなったり、悪くなったりを繰り返すという特徴があります。

肌は乾燥してカサカサしていることが多いです。
赤ちゃんの場合は、顔や頭に症状が出やすく、耳の下が切れたりジュクジュクしたりする場合も多いです。

ひどくなる場合は、体や手足にも症状が出ることがあります。

 

赤ちゃんのアトピーの原因はハッキリとは分かっていないといいます。

遺伝的な原因もあると言われていますが、両親や祖父母がアトピーやアレルギー体質でない場合でも赤ちゃんがアトピーになってしまうことも増えています。

 

主なアトピーの原因は主に以下のものだと言われています。

  • 遺伝的な原因(アレルギー体質)
  • 外的な原因(大気汚染、食べ物、花粉、ハウスダスト、科学物質、ペットの毛など)
  • 心理的な原因(ストレス、疲れ)

 

これらの要因が重なることで、体の免疫システムに異常が出ている状態がアトピーだと言われています。

 

人間の体は不必要なものを消化分解して廃除しようとする働きがあります。

体は体内に入った不必要なものを排除しようとするので、下痢になり便と一緒に出したりします。

しかし、免疫システムに異常があったり、消化器官が未熟な赤ちゃんなどはそれがうまくできないと皮膚や粘膜に出して廃除しようとするのです。

 

その症状が皮膚に出るのが「アトピー性皮膚炎」だと言われています。

 

他には、

  • 食物アレルギー
  • 気管支喘息
  • アレルギー性鼻炎

などとして症状がでる場合もあります。

 

赤ちゃんは生後6ヶ月頃まではお母さんの免疫に守られている

 

そもそも「免疫力」とは、体に侵入してきた細菌やウイルスなどを察知し撃退する自己防衛システムのことをいいます。

 

赤ちゃんは生まれる前はお腹の中でお母さんに守られ無菌状態ですが、出産後はこちらの世界で生活していかなくてはいけないので、お母さんから免疫力をもらいます。

母乳からも免疫力ももらうことができるので、生後6ヶ月頃まではお母さんの免疫に守られて風邪などは引きにくいということを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、生後6ヶ月頃にはお母さんからもらった免疫力も少なくなると言われています。

 

免疫力が低いと、すぐに風邪をひいたり、下痢をしたりと病気になりやすくなりますので、生後6ヶ月頃からの赤ちゃんは自分で免疫力をつけていく必要があります。

 

赤ちゃんのアトピーの発症は、早ければ生後4~6ヶ月頃からわかると言われています。

これはちょうどお母さんからの免疫がなくなる頃と一緒の時期です。

免疫力とアトピーは関わりが深いんですよ!

 

赤ちゃんのアトピーと免疫力の関係は?

赤ちゃんのアトピーが悪化する原因の一つに「肌バリア機能の低下」があります。

健康な赤ちゃんなら、目に見えないバリアによって守られているので、外的な要因(花粉、大気汚染、化学物質、細菌など)に接触しても何の症状も出ません。

アトピーの赤ちゃんの場合は、その肌のバリアが壊れてしまっているので皮膚を通してアトピーを悪化させる物質が体内に入りやすい状態になっています。

画像引用:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/32_atopy/

 

体内に入って来た物質を外敵と判断した免疫細胞は、外敵を排出するために「ヒスタミン」という物質をだします。

しかし、免疫バランスに異常があることで、そのヒスタミンを多く出し過ぎて炎症が体に起こって痒くなったりすると言われています。

 

 

この肌バリア機能は、肌を保湿したり、免疫バランスが整えば強くなると言われています。

肌が潤っていれば外部からの物質が入りにくくなり、アトピーの症状は起こりづらくなります。

画像引用:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/32_atopy/index2.html

 

保湿剤を使用すれば一時的には肌を潤わすことができますが、本来であれば自分の身体で皮膚の表面の皮脂膜を作って肌を保湿することができます。

それは、体の免疫バランスが整えば自然にできるようになるといいます。



免疫力が下がるとアトピーが悪化した息子

アトピーと免疫力が関わっているということを実感した息子のエピソードがあります。

 

今年の夏(アトピーを発症して8ヶ月目)はアトピーの症状も落ち着き、痒みもほとんどなく肌もしっとりするほどに改善していました。

その後、夏から秋にかけての季節の変わり目に気温の変化などから体調を崩してしまったようで、下痢をしてしまうことがありました。

 

その下痢の日には、いつもはあまり症状が出ない首の後ろがかゆくなったり、関節などをよく掻いている姿がありました。

 

人が下痢をする時にはいろんな原因がありますが、主な原因はウイルスや細菌などが体内に入っていることが多いようです。

その時には前日などに特に変わった食べ物も食べていなかったので、どこかで菌やウイルスをもらってきてしまったのか、寝ている時にお腹が冷えてしまったのかは分かりませんが、いつもより食欲がない様子でした。

体の中で悪いものを排出しようと、免疫が低下していたのかもしれません。

 

 

その後体調が戻るとかゆみも少なくなっていっていましたが、これからの冬の季節は体温も下がり免疫力も低下しがちなので気をつけてあげないとアトピーの症状がでてきてしまうなと感じました。



赤ちゃんの免疫力を高めるための方法は?

腸内環境を良くする

 

腸には、体の免疫細胞の60%が存在していると言われます。

腸内には、約100種類、100兆個の細菌が存在していると言われており体の健康の大切な役割を果たしています。

 

その中でも、腸内には3つの菌に分けられます。

善玉菌:乳酸菌、ビフィズス菌など
消化吸収を助けたり腸内環境を整える菌

日和見菌:大腸菌(無毒株)など
普段はおとなしいが身体が弱ると悪さをする

悪玉菌:大腸菌(有毒株)、ブドウ菌など
腸内を腐敗させたり、発ガン物質やガスを生産する

 

普段、健康な時には良いバランスを保っていますが、アトピーの人の場合は善玉菌が少なく、悪玉菌が多くなっている傾向にあります。

 

免疫細胞を活性化させるためには、善玉菌を増やす生活をすることが大切です。

善玉菌を増やすためには、「善玉菌のエサになる食べ物」を食べるだけで良いのです!

 

善玉菌のエサになるのは以下のような食べ物です。

  • 発酵食品
  • 食物繊維が含まれているもの
  • オリゴ糖が含まれているもの

 

発酵食品

味噌、醤油、ぬか漬け、納豆、キムチ、お酢、チーズ、ヨーグルトなど

などの発酵食品には乳酸菌などが豊富に含まれています。

この乳酸菌自体が善玉菌になりますし、腸に届くまでに死んでしまっても善玉菌のエサとなります。

できるだけ昔ながらの製法で作られている、菌の生きているものを食しましょう。
60度以上に加熱してしまうと菌が死んでしまうので、できれば加熱せずに食べさせるように工夫して赤ちゃんに与えましょう。

 

食物繊維が含まれているもの

食物繊維は善玉菌のエサになります。

腸内の悪玉菌や有害物質を減らす働きもありますよ。

画像引用:https://www.ohara-ch.co.jp/meitantei/vol03_7.html

 

オリゴ糖を含む食品

こちらも善玉菌のエサになります。

母乳にもオリゴ糖がたっぷり含まれているので、まだ離乳食が完了していない赤ちゃんには母乳を飲ませてあげて下さいね。

  • 大豆
  • ごぼう
  • アスパラガス
  • たまねぎ
  • とうもろこし
  • にんにく
  • バナナ  など

体温を上げる

免疫細胞は血液の中にいます。

体温が上がると血行も良くなり、体に外敵が入ってきた時にはすぐに攻撃して排出しようとします。

 

風邪など引いて熱高くなると思いますが、あれは体の中に入ったウイルスや菌などを退治するためです。

体温が1℃上がると一時的には5~6倍にも免疫がアップするとも言われています。

 

赤ちゃんは基本的には大人よりも体温が高いのですが、体が冷えやすい格好をさせないようにしたり、お風呂の湯船につかって体を温めてあげると良いですね。

 

ウイルス・細菌・微生物は適度に接する

きれいすぎる環境では赤ちゃんの免疫力は高まりません。

私達の体には、一度体に入った敵を記憶して、再び体内に入って来た時に反撃できるような仕組みを持っています。

赤ちゃんがいろんなものを舐めるようになると、自然と外からの細菌や微生物を体内に取り入れて体の免疫が付いていきます。

 

外での遊びも大切で、土や植物などにも適度に触れることでいろんな細菌などと触れ合える機会ができます。

歩けるようになっている赤ちゃんなら、外で体を動かして遊ぶことも代謝をあげるので、免疫を高めるのに良いです。

おもちゃや家の中のものを舐めたりする赤ちゃんも多いと思いますが、それも止めずに赤ちゃんが舐めても大丈夫なように危険なものは手の届かないところにおくなどにしておくと良いですね。

 

しっかり睡眠をとる

寝ている時には成長ホルモンが出ます。

赤ちゃんの成長や心身のリラックスのためにも夜にしっかりと眠ることは大切です。

睡眠中は免疫細胞が活性化するので免疫力が高まると言われています。

 

かゆさなどで途中で起きてしまう赤ちゃんもいるかもしれませんが、できるだけしっかりと眠れるように対策をおこなってあげてください。

関連記事

アトピーの赤ちゃんが夜にかゆくなって寝れない原因は?対処方法はある?

 

たくさん笑う

笑うと免疫力が高まることが分かっています。

思い切り笑うことでストレスホルモンが減り、血行も良くなります。

 

赤ちゃんのアトピーのことで心配になる方もいるかもしれませんが、子育てを楽しんで笑顔で過ごすことで赤ちゃんもたくさん笑ってくれると思います。

 

まとめ

免疫力を高めるとアトピーの改善だけでなく、風邪を引きににくくなりますのでこれからの成長にもとても大切なことですよ。

赤ちゃんの免疫力を高めるのは時間がかかるかもしれませんが、ステロイドなどに頼らずにアトピーを根本的に改善していきたいなら体の中からケアしてあげることが大切だと思います。

参考に生活に取り入れてみて下さい。

 

関連記事

アトピー性皮膚炎の赤ちゃんのスキンケアの方法とポイント!

口コミでも評判のアトピスマイルクリームを使ってみた!赤ちゃんのアトピーが改善!?






-過ごし方
-

Copyright© Baby Natural Skin , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.