赤ちゃんの自然治癒力でアトピーを克服!!息子のアトピーのケア方法・赤ちゃんをきれいな肌にするための役立つ情報を紹介しています。

Baby Natural Skin




石けん・洗剤

アトピーの赤ちゃんには固形石鹸がおすすめ!肌に優しいお風呂の入り方・体の洗い方は?

更新日:

赤ちゃんのアトピーのケアで「スキンケア」はとても大切です。

肌が清潔な状態でないと、炎症や痒みが起きやすくなってしまいますので、お風呂の入り方にも気を遣っている方が多いのではないでしょうか?

お風呂で赤ちゃんを洗う時にはどのようなもので洗っていますか?
お湯だけ?それとも赤ちゃん用の石鹸?

洗浄成分が高いものや科学成分の含まれているものはアトピーの赤ちゃんの症状を悪化させてしまう恐れがあります。

アトピーの赤ちゃんの体を洗う時におすすめだとされているのが「固形石鹸」ですが、どういったものを選べば良いのか、洗い方などもまとめました。




アトピーでも赤ちゃんの肌は石鹸で洗った方が良い?

お風呂はアトピー赤ちゃんの負担?

お風呂は体をきれいにしてお湯に浸かると気持ちが良いと感じる方が多いと思います。

しかし、肌が敏感で弱いアトピーの赤ちゃんにとってはお風呂は負担になっていることが多いといいます。

 

お湯で洗うだけでも塩素の含まれているお湯で体がピリピリと痛んだり、体が温まることで痒さが増したりする場合があります。
しかし、肌を清潔に保つためにはお風呂は必要なので、お風呂の入り方も考えてあげないといけません。

 

アトピーでも石鹸で洗った方がいい?

そもそも、アトピーの赤ちゃんの肌は石鹸で洗った方が良いのでしょうか?

小児科、皮膚科などでは「石鹸をよく泡立てて洗ってください」と言われることがほとんどだと思いますが、アトピーの症状によってはお湯だけで洗う方が良い場合もあります。

 

本来は人間の体はお湯だけで汚れを80%ほど取り除くことができます。
アトピーの治療の書籍などでも、お湯だけで洗う方が良いと書かれているものがいくつもあります。

赤ちゃん用の石けんでも、中には洗浄力が強いものがあり、皮脂を取りすぎてしまったり、肌バリアを作っている常在菌まで洗い流してしまうので、肌が乾燥しやすくなったり、乾燥からかゆみが起こりやすくなったりします。

 

この情報を知ってから3週間ほどお湯だけでアトピーの息子をお風呂に入れました。
石鹸を使っている時と比べると、乾燥はしにくいかな?という程度でした。

痒がることは多く、試しに3日に1回は石鹸で軽く洗うようにすると肌の調子が良くなったように思います。

 

お湯だけでは、汚れた皮脂が取り切れていないこともあるようなので、赤ちゃんの症状に応じてお湯だけで洗ったり、石鹸を使ってみたりいろいろ試してみると良いと思いますよ。

  • 肌が乾燥している ⇒ 石鹸を使わない(お湯だけ)
  • 痒がることが多い ⇒ 痒い部分を石鹸で洗ってみる

など症状に応じて石鹸を使うかどうか決めると良いと思います。

 



アトピーの赤ちゃんには固形石鹸がおすすめ!

お湯だけで洗う場合でも、泥遊びをしてすごく汚れたり、ウンチがべったりついてしまった場合などもあると思います。

そういう時のためにも石鹸は1つは準備しておいた方が良いでしょう。

アトピーの赤ちゃんの体や髪を洗う時に使うなら、「固形石鹸」がシンプルな材料で作られており、適度な洗浄力でおすすめだとされています。

 

赤ちゃん用品、ドラッグストアなどではたくさんの石けんが販売されていますよね。

  • 固形石鹸
  • 液体石鹸
  • 泡で出てくる石鹸

などいくつかタイプがあります。

 

赤ちゃんが小さい頃は片手でも使いやすい「泡タイプ」が便利で、パッケージにも「新生児からOK」と書かれていたので泡タイプを使っていましたが、液体タイプや泡タイプの石けんは科学成分が含まれているものも多くありますので、成分に注意して選ぶ必要があります。

中には界面活性剤やパラベンなどの保存料などが含まれているものも多く、そういった成分は赤ちゃんの肌の負担になります。

 

洗浄成分が高く、科学成分が含まれているものが良くないと言われるのは以下のような理由があります。

  • 皮脂を取りすぎる⇒肌が乾燥しやすくなる
  • 肌の良い常在菌まで取り除いてしまう⇒肌バリアが弱くなる

 

アトピー赤ちゃんに固形石鹸がおすすめな理由

 

固形石鹸がアトピーの赤ちゃんにおすすめなのは、赤ちゃんの肌に刺激になるような石油由来の成分やパラベン、シリコン、などの科学成分が含まれないところです。

アトピーでなくても赤ちゃんの肌はデリケートなので、固形石鹸を使うと頭から全身まで安心して洗うことができますよ。

 

ただし、しっかり泡立てて使わないと肌が摩擦で傷ついてしまうことがあります。

また、シンプルな成分で作られているので他のベビーソープなどに含まれている保湿成分が含まれていないの、保湿力のあるオイルが使用されて作られている石鹸を選ぶことが大切です。

 

私がおすすめするアトピー赤ちゃんに使う固形石鹸

私は、息子がアトピーと診断されるまでは、石鹸についてはそこまでこだわらずにドラッグストアで買える泡で出てくるタイプのものが使いやすくずっと使っていました。

しかし、成分を確認すると界面活性剤やパラベンなども含まれているものだったので、すぐに肌に優しい固形石鹸に移行しました。

固形石鹸もいろいろ試し、石鹸によって洗い上がりが全く違っていました。
選ぶときに重要視していたのが「保湿力」でした。

 

今まで使っていた石鹸のせいもあり、とても乾燥しやすい肌の息子には保湿力がとても大切だったようです。

いろいろ試した結果、安心して使える成分で作られており、洗い上がりもしっとりしている「シャボン玉ベビーソープ」が1番良かったように思います。

シャボン玉ベビーソープの良いところは、無添加なところ、保湿力が高いところです。

海面活性剤、香料、酸化防止剤、着色料などの科学成分が無添加なので、赤ちゃんの肌に刺激が少ないのでアトピーの赤ちゃんにおすすめです。

この石鹸に使用されているアボカドオイルはビタミン・ミネラルが豊富で保湿性に優れています。

 

泡立てて使わないといけないので、私の家では100均で購入した石鹸をいれられるネットに入れて使用しています。

すぐに泡立てることができますし、壁に吊るしておけば衛生的に保管もできます。

 

お子さんまだ小さい方は、同じ成分で泡で出てくるタイプの石けんもありますので、そちらを使用されると使いやすくて良いと思います。

シャボン玉 ベビーソープ 泡タイプ 本体(400mL)

 

固形石鹸は300円代で買えるので、経済的にも助かりますので、私も一緒に使用しています。



アトピー赤ちゃんの肌に優しい石鹸を使った洗い方やスキンケアの方法は?

 

アトピー赤ちゃんの肌のことを考えるとお風呂の時間は短めで良いと思います。

息子はしばらく湯船のお湯には使っていません。
(体が温まるとかゆくなるので)

できるだけ、赤ちゃんへの肌の刺激を少なくするために洗い方やお風呂の入り方、スキンケアの方法のポイントをまとめました。

 

お湯の塩素を除去して洗う

私の家では、極力息子の肌に刺激になるようなことを避けるために、塩素が除去できるシャワーヘッドに交換しています。

塩素はお湯を消毒するためには必要なものですが、日本のお湯の塩素は他の国に比べて濃度がとても濃いのです。

塩素=キッチンハイター

キッチンハイターが手につくとタンパク質が溶けてヌルッとしますが、それと同じように、塩素の含まれているお湯を使用すると肌の細胞を傷つけ、肌荒れを起こしやすくなります。

 

塩素除去が出来ない場合は、大人が浸かったあとの湯船のお湯を使用すると塩素が少なくなっています。(2番風呂)

他には、ビタミンC塩素除去用の入浴剤、緑茶、炭を湯船の中に入れるのでも塩素を取り除くことができるので、そういったお湯で洗ってあげると刺激が少なくなります。

 

しっかり石鹸を泡立てて洗う

赤ちゃんの症状によってはお湯だけで洗う日があっても良いと思います。

石鹸を使用する時には、肌への刺激をできるだけ少なくできるようにしっかり泡立てて泡で肌をなでるように洗うと刺激が少なくなります。

泡を肌に乗せるだけでも菌や汚れは落ちますので、ゴシゴシ洗わないように注意してください。

 

手で洗うのが1番刺激が少ないので、手洗いをしてあげてくださいね。

シワが重なっている部分もきちんと洗えるように丁寧に優しく洗いましょう。

 

保湿ケアはお風呂上りすぐに手早く!

お風呂から上がったら、タオルで拭く時もゴシゴシはNGです!

やわらかいタオルでポンポンと優しく拭いてあげてください。

 

肌の水分が逃げない内に手早く保湿をしてください。

塗る時も肌の摩擦がないようにサッと塗るように心がけてください。

 

 

まとめ

アトピーの赤ちゃんに使用する石鹸は、できるだけ刺激が少なく保湿力のあるものがおすすめです!

赤ちゃんによって合う・合わないがあると思いますので、合うものをいろいろ試してみても良いと思いますよ。
(固形石鹸は比較的安いので、試しやすいです)

 

関連記事

赤ちゃんのアトピーの保湿にセサミオイルがいいって本当?実際に使ってみた口コミや効果

アトピー性皮膚炎の赤ちゃんのスキンケアの方法とポイント!






-石けん・洗剤
-

Copyright© Baby Natural Skin , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.