赤ちゃんの自然治癒力でアトピーを克服!!息子のアトピーのケア方法・赤ちゃんをきれいな肌にするための役立つ情報を紹介しています。

Baby Natural Skin




母乳・ミルク・食べ物

アトピーの赤ちゃんにルイボスティーは効果がある?飲ませ方や注意することは?

更新日:

「ルイボスティーがアトピーに効く」ということを聞いたことがありませんか?

ルイボスティーには強い抗酸化作用があるので、アトピーの原因を根本から治していく効果があると言われています。

 

しかし、赤ちゃんにはルイボスティーをどのように飲ませたら良いのか、どれくらいの濃さにしたらよいのかなど疑問点もあると思いましたので、アトピーの赤ちゃんにルイボスティーを飲ませる時の注意点などもまとめてご紹介します。

私の息子もアトピーで、数か月前からルイボスティーを飲ませています。
以前にくらべるとかゆがることが少なくなっているので、少なからず効果はあるのだと思いますよ!!




アトピーの赤ちゃんにルイボスティーは効果がある?

ルイボスティーってどんな飲み物?

ルイボスティーは、ルイボスという植物から作られたお茶です。ルイボスティーは紅茶のように赤く、ほのかに甘みがあるのでとても飲みやすいお茶です。

カフェインを含まずタンニン濃度もごく低いので妊婦でも乳児でも飲むことができるお茶ということで最近では飲まれている方も増えてきています。

強力な抗酸化成分の「SOD」を含んでいる事がわかっており、老化を防ぎ、体を若々しく保つので長生きして長寿になると言われています。
*SODとは人間の老化の原因といわれている活性酸素を除去する酵素です。

 

アトピー性皮膚炎の原因は?

アトピー性皮膚炎の原因は様々で、ハッキリとした原因はわかっていないといいます。

体の免疫バランスの乱れや、肌のバリア機能の低下、環境的な要因(ダニ、ハウスダスト、花粉など)など人によっても原因は異なります。

 

また、アトピー性皮膚炎が起こる原因は、排気ガスや薬品、食品に含まれる添加物などだとも言われています。
それらが食べ物・飲料水・大気を通して私たちの体に入り、活性酸素が過剰にできるため、体内でそれらを排除しようとして体の免疫が過剰に反応してかゆみや炎症などを引き起こすとも言われています。

赤ちゃんの場合は、大人と違って消化器官が未熟なので、食べ物が関係していることも多く、消化できなかった食べ物の成分がかゆみなどを引き起こす場合も多いそうです。

 

関連記事

食品添加物は赤ちゃんに悪影響!アトピーを悪化させるって本当?!

 

アトピーにルイボスティーが効果的と言われる理由

ルイボスティーを毎日たっぷり飲むことでアトピーを治せる場合があります。
アトピー性皮膚炎の他にも、花粉症などのアレルギー症状を和らげる作用があるとされるのです。

薬を使用するのとは違い、体の中から根本的な体質改善をすることでアトピーの症状が改善されるので、すぐに症状が改善することは少ないですが、長期的に飲むことで効果があると言われています。

 

ルイボスティーが花粉症やアトピー改善に良いと言われる理由の一つが、ルイボスティーの持つ「抗アレルギー作用」です。
ルイボスティーには抗酸化作用のあるフラボノイドポリフェノールが多く含まれています。

 

これらの成分は、アトピーの原因だとされている「活性酸素」や「過酸化脂質」放出を抑制し、体のアレルギー反応を抑制してくれます。
*過酸化脂質は皮膚の保湿成分や保湿機能も破壊し、乾燥肌も作り出し、よりアトピー性皮膚炎を進行させてしまいます。

 

ルイボスティーは活性酸素を除去する効果に加え、非常に優れたミネラルを含んでいます。

アトピーの場合は、ミネラルバランスが崩れてしまっていることも症状の原因の一つだとされています。
ルイボスティーによってミネラルバランスを整える手助けをすることができるので、アトピーなどのアレルギー体質の人に効果があるということです。

 

また、ルイボスティーには亜鉛が含まれており、亜鉛は皮膚細胞の生まれ変わりを助ける働きがあります。
皮膚の新陳代謝が促されるため、アトピーで掻きむしって傷ついた皮膚を修復していってくれます。

 

 

ルイボスティーの抗アレルギー作用は自然由来のものなので、薬(抗ヒスタミン薬など)などとは違い副作用の心配も少ないので赤ちゃんにも安心ですね!



アトピー赤ちゃんへのルイボスティー飲ませ方は?

ルイボスティーがアトピーの改善に効果が期待できるということがお分かりいただけたと思います。

赤ちゃんにはどういった飲ませ方をすると良いのか、作り方、飲む量などの目安やポイントなどをまとめました。

 

アトピーに効果のあるルイボスティーの作り方

ルイボスティーにはいろんな種類があり、煮だすもの、ティーカップにお湯を注いで抽出するもの、水出しのものなど様々です。

その中でも、ルイボスティーは煮出すことで効果効能がより発揮されます。

 

ルイボスティーの効果を十分に実感するためにはしっかり煮出さなければなりません。
長く煮出した方が、ルイボス特有のポリフェノール類や、ビタミン、ミネラル類より成分が抽出され、豊富な成分をたくさん取り入れやすくなります。

水出しやティーカップに入れて作る方法は手軽ですが、成分が少ないのでより効果を高めたいと思っているのであれば、煮出した濃いものがおすすめです!

 

効果的なルイボスティーの作り方

  • 茶葉は煮だすタイプのものを使用する
  • お湯でグツグツ15分~20分程度煮出す。

*20分以上に出してもそれ以上は成分がほとんど抽出されません。
煮だしすぎても体に害はありませんが味が悪くなる場合があります。

さらに、赤ちゃんに飲ませるものなので「良質の水」で作るとなお良いでしょう。

良質の水とは、ミネラルが含まれている水です。
体のミネラルバランスを整えるのに水はとても大切です。

市販のミネラルウォーターや、家庭に浄水器があればその水でも良いでしょう。

 

カルキ抜きされていない水は塩素が含まれているのでできれば避けましょう。

 

ルイボスティーを赤ちゃんに飲ませる方法や量は?

ルイボスティーはコップ1杯程度を持続して飲んだとしても効果はあまり実感できないようです。

できれば500mlほどを続けて飲むと効果があるようなので、普段の水分補給を水や麦茶からルイボスティーに変えると良いでしょう。

 

月齢が低い赤ちゃんはまだ母乳やミルクを飲んでいるので無理して飲ませるのはやめた方が良いでしょう。

離乳食が始まっていて食事の時やお風呂上がりの水分補給として、水やお茶を飲むようになっている赤ちゃんなら飲むことができると思います。

 

ルイボスティーは薬ではないため飲めば飲むほど効果が得られるわけではありません。
飲ませすぎもかえってお腹が痛くなったり、下痢をしてしまう恐れもあるので赤ちゃんが嫌がるほどは飲ませないようにしてください。

 

慣れるまでは少量、薄めでOK!

ルイボスティーは比較的飲みやすいお茶ですが、初めて飲む場合は慣れていないので吐き出してしまったり嫌がってしまう赤ちゃんもいます。

濃く煮出したものの方が成分が抽出されているので効果が高いのですが、慣れるまではお湯で薄めて与えても良いでしょう。

 

少しずつ濃くしていって、大人が飲むのと同じくらいの濃さにすると抗酸化成分もより多く取り入れることができると思いますよ。

カフェインが含まれていませんし、濃いルイボスティーでもタンニンは少ないので赤ちゃんでも濃いものを飲んでも大丈夫です。



アトピーの赤ちゃんにルイボスティーを与える時に注意することは?

ルイボスティーによってアトピーが悪化することもある

ルイボスティーは抗酸化作用があり健康に良いお茶ですが、人によっては体に合わない場合もありますので、初めて飲む場合は特に注意して赤ちゃんの様子をみてあげてください。

 

また、ルイボスティーを飲み始めてからアトピーが悪化してしまうこともあるようです。

ルイボスティーを飲み始めると体の中からきれいになり始めるので、肌のサイクルが一時的に活発になるようです。
今までの悪いものが皮膚の表面に現れてきて「悪化した」ように見えてしまうようです。

 

しかし、悪い状態はいつまで続くかは個人差があるのでわかりませんが、その悪い状態を乗り越えると次に生まれてくる肌はきれいになる期待ができます。

 

ルイボスティーの茶葉は安心で美味しいものを選びましょう!

ルイボスティーといっても商品の質は様々で、いろんなメーカーから発売されています。

どんなものを選べば良いのか迷う方もいると思いますが、赤ちゃんに飲ませるものですし、できるだけ効果が期待できる安心なものを飲ませたいと思う方が多いと思います。

 

ほかの商品に比べてあまりにも安いものや品質に関して説明されていないものは安心して飲ませられないと思います。

安心して美味しいルイボスティーを選ぶときのポイントをまとめました。

  • 有機栽培(オーガニック)の茶葉
  • グレードの高いものを選ぶ
  • 煮出すタイプのもの
  • 鮮度の良いもの

有機栽培(オーガニック)の茶葉

農薬はアトピー悪化させることもあるので、有機栽培で育てられた茶葉から作られているものがより安心です。

パッケージなどに「有機JAS」「エコサート認証」などの表示があるものは、厳しい検査をクリアしている安心の有機栽培のものです。

 

グレードの高いものを選ぶ

ルイボスティーには様々なブランドや等級があり、その中の「等級スーパーグレード」のルイボス茶葉は、世の中の茶葉の上位1%のものを指します。品質はもちろん最高級で重要な成分の含有量も一番ですので、できるだけグレードの高いものを選びましょう。

 

煮出すタイプのもの

ルイボスティーはグツグツと煮出すことで効果効能が大幅にアップします。
水出しタイプやカップにお湯を入れるだけのものなどは有効成分も少ないので、煮だしてしっかり成分を抽出できるものが良いでしょう。

 

鮮度の良いもの

基本的にルイボスティーは収穫されてから1〜1年半ほどで有効成分が減ると言われています。

収穫時期が記載されているものならそれを参考にしてできるだけ新しいものを選びましょう。
収穫時期が記載されていないものなら、できるだけ人気があり商品回転数が高く、新鮮なものが常に供給されていると思われるものを選ぶといいですよ。

 

おすすめのルイボスティーをご紹介します!

「エンバランシア」のルイボスティー

こちらは妊活の女性の方に向けての商品ですが、赤ちゃんにもおすすめなんです!

このルイボスティーはオーガニックの最高品質の最高級茶葉を使っており、1パックに5g茶葉が入っているので濃いルイボスティーを作ることができます。
(通常のものは1パック3gほど)

定期コースもありますが、1回きりの購入もありますので初めて利用する方にも安心ですよ!
どれを買おうか迷っている方はこちらを一度飲んでみると良いと思います。

 

★商品の詳細はこちら↓

アトピーにもおすすめ!高品質のルイボスティー エルバランシア

まとめ

ルイボスティーを毎日飲むことは、アトピー性皮膚炎を緩和・改善へ向かう第一歩となります。

あくまでルイボスティーはお茶ですので、これだけではアトピーは治ることは難しいかもしれません。
食事にも気を遣い、スキンケアも同時に行って行くことで日に日に体の中から元気になり、肌もきれいになっていくと思いますよ!

根本的に治していくのには時間はかかりますが、赤ちゃんのアトピーを薬を使わずに治してあげるために根気よく続けてみて下さい。ルイボスティーはママやパパにとっても良いことだらけですので、家族みんなで飲んでくださいね!

 

関連記事

赤ちゃんのアトピーに効果のある食べ物は?改善や完治はできる?

アトピーの赤ちゃんが掻きむしって血だらけに!予防や対処法は?






-母乳・ミルク・食べ物
-

Copyright© Baby Natural Skin , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.